温泉タレント・北出恭子さんの知られざる過去

山口県出身の温泉タレント

北出恭子さん

お会いしたことはありませんが
メディアでは何度も拝見してます

昨日
たまたま彼女のFBを見てると
あの明るい彼女がなんと

極度の疑心暗鬼になり
かなりメンタルを患ったと
自らのFBで発信してました

ここまでなら
「あぁ~ そうなの」ですが

彼女は自身で温泉療法
いわゆる湯治でメンタル疾患を
克服したとのことです

「ふぅ~ん なるほどね」と
お思いでしょう

しかし彼女が凄いのは
大学に再入学し心理学を学び

温泉 × 心理学

この分野で精神的に
苦しんでいる方の役に立つ
社会貢献をしたいとのことです

1.温泉最大の効果は転地作用

温泉療法医の権威
植田理彦(みちひこ)先生も
必ず口にされる

転地作用

(演壇に立つ植田先生)

例えば
森林浴やマイナスイオン
小川のせせらぎなどの
1/fのゆらぎ など

(そうづ峡渓谷)

温泉地の気候が心に作用し
自律神経やホルモンバランスを
整えるというものです

しかし、この転地作用は
温泉の成分分析表の効果効能には
書かれてません

見えざる力、この転地作用は
自然の恩恵

医者や薬で解決できない
そしてカラダに負担をかけない

「温泉療法の極み」と言っても
言い過ぎではありません

2.転地作用のデメリット

良いこともあれば、逆もあります

それは時間がかかることです

昔は湯治(とうじ)と言って
温泉地で健康を
維持回復してきました

しかし、この湯治は
一週間以上の長期滞在を
要するものです

良いものではあるのですが
忙しい現代人には向きません

ですので
直接、病巣に処置を施す
西洋医学にとって変わられた
経緯があります

3.心の負担を取り除くのは、自然に慣れ親しむことから

北出さんは、温泉タレントして
今も活躍されてます

そして今後は「温泉×心理学」で
新たな温泉セラピーの分野にも
取り組まれます

温泉地という自然環境があり
はじめて温泉と心理療法の
相乗効果がでるはずです

私も今ある新湯治
現代版湯治スタイル


こちらをもっとバージョンアップ
していくキッカケを北出さんから
受けました

そして全国には北出さんはじめ
温泉を生かした健康の維持回復に
関わっている人が多くいます

今後はいろんな方と意見交換をし
私も近い将来、温泉療法の
第一線で社会貢献を目指します

期待していて下さい

コメントは受け付けていません。