温泉に美肌効果はあるか?どうか?

温泉シーズン到来

紅葉も見ごろを迎え
1年を通してのいい時期です

さて

日本全国の温泉地
約3,000ヵ所

泉質の種類9種類

いろんな数がある中
目につくのが

「美肌の湯」

さて、温泉に美肌効果は
あるのか?どうか?

その真相に触れて
行きたいと思います

美肌の湯で有名な一ノ俣温泉

1.温泉の美肌効果:成分編

どの温泉も美肌効果は
ありますけど

代表的なのは
炭酸水素塩泉

また泉質では
アルカリ性

酸性泉が殺菌に対し

アルカリ泉は
角質を落とします

2.温泉の美肌効果:作用編

温泉といえば、その成分が
クローズアップされますが

温熱作用や浮力
そして静水圧作用(※)など

これらは家庭のお風呂でも
ほぼ同等です

その中でも違いが出るのが
温熱作用

新陳代謝が活発に
なるわけですが

特に温泉成分がカラダに
被膜をつくり

ちょうどサランラップで
カラダをくるまれた状態

なので発汗も促され
新陳代謝が促進されます

通常のお風呂と違い、温泉は
老廃物が排出が促進されます

※静水圧
(水圧のマッサージ効果
足の疲れやむくみの解消にも)

3.美肌効果:睡眠編

肌と一番の関係が深いのは
睡眠でしょう

ただ、長い時間寝ればいいと
いうのではありません

何度かお伝えしている
睡眠の質です

これは温泉におススメ

何故ならカラダの深部の
体温があがり

そして、この温度が下がる
時に深い眠りにつけます

おススメは
寝る90分前に温泉入浴

不眠症や冷え性の方にも
一泊よりは二泊以上

その方が効果の違いを
体感できます

4.美肌効果:自然環境編

まず、転地効果があります

気温や気圧の変化が
刺激となり

血行が促進され
心やカラダの調子が整います

加えて
森林浴やおいしい空気を
吸うことなどで

脳を活性化するホルモンも
分泌されます

この効果は街中のサウナや
銭湯などでは得難く

温泉ならではと言えます

なので温泉には美肌効果は
あるわけですし

できれば一泊よりも2泊以上
その方が効果を体感できます

肌には内面のストレスも
あらわれるわけで

やはり場所が変わることで
心の変化は見逃せません

まだまだコロナの不安が
なくなった訳でもなく

心のどこかに誰もが不安を
抱えてます

私たち温泉に携わる者が
カラダの表面的な変化でなく

内面もプラスに変えれるよう
温泉プラスα(自然・運動・食)

自然の恵みをこれからは
より精神面に寄与できるよう

県内唯一人の温泉利用指導者
としてやってまいります




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です