清流畔(ほとり)のパワースポット

只今、リニューアル中の対岸広場ですが、昔はお寺があったり 塞神(さやのかみ) という道祖神が祭られてあったりした場所なのです。

12年前に気孔の有名な先生が当館へ泊られた時、夜中に建物の外に「氣」を感じ外に出てみると対岸に渡る橋の袂(たもと)に凄いものを感じたそうです。

その気孔の先生が言うには、「長野県の分杭(ぶんくい)峠に匹敵するパワー」がある、まさにゼロ地場地帯が対岸広場に渡る手前にあるということを地元で気孔を受けられている方に伝えたのでした。

当館近くにパワースポットがあるということは我々も知っていましたが「その場所がどこなのか?」地元のその方に聞いても、なかなか教えてもらえなかったのですが、今から5年前にようやくその場所を教えてもらいました。

そして個人情報もあり誰とは言えないまでも、プロのピアニストで全国リサイタルツアーに出られるような方が当館に泊ってしっかりと氣を養い充電され、それからツアーに行かれいらっしゃいます。

また一般の人でも、清流畔(ほとり)のパワースポットでゆっくり深呼吸を繰返していれば、風邪が1時間で治ったりということもあります。

清流の畔に立って目上にそびえ立つ山の岩肌に手のひらを向け、静かに深呼吸を繰返すと指先から肘(ひじ)、感じる人は方ぐらいまでピリピリ、ピリピリをくるようです。

体調のイイ人はあまりというか、ほとんど感じないみたいですが、体調の悪い人や、男性よりも女性の方が感じやすいようです。

まぁ、このように書くと「どうせ、人集めで書いているだけでしょう」と言われる場合もあると思います。

でもイイんです。

私の想いは、ほんとに病や精神的に困っている、そしてありとあらゆるものを試したが万策尽き、良いか?悪かい?わからないようなものに藁(わら)をもすがる思いで頼るぐらいなら、ぜひ当館近くの「清流畔のパワースポット」を体感し、少しでも良い方向に向かうきっかけになって頂ければ、ただそれだけを思うだけなのです。


コメントは受け付けていません。