浸透してきたのか?GoToトラベル

大型連休を直前に迎え
人の動きが始まってます

新型コロナの影響はあっても
やはりGoToトラベルの
効果はあります

当初の7月開始時は「わかりにくい」との
いう声がありました

しかし2ヶ月経った今は
主要な旅行サイトも
取り扱いを始めてます

当館もGoToの対象施設です
全プランが割引の対象です

10月からは東京の方も対象となり
さらに地域共通クーポンなるモノも
開始されます

確かに、日頃ありえない価格で
旅行できるのです

我々宿泊事業者にとっても

旅行者にとっても

そして道の駅や飲食店など
観光関連業者にとってもイイことで

まさに3方よしでしょう

しかしながら
このGoToトラベル

2極化しているというのが
もっぱらです

つまり高級ホテルや有名旅館に
人は集まります

そして知名度の低い宿は
その恩恵は少ないようです

我々も今回の連休は別として
厳しい状況は変わりません

やはり、人は値段が高いと
価値があると思うのでしょう

値段は正直
間違いではありませんが…

当館は平日に2名で泊った場合の
お一人様一泊二食は7,980円です

何故、安いか?と言えば
理由はあります

それは会席料理をやめ、
簡易な松花堂形式の夕食へ変更

またお布団もセルフで敷いて
もらいます

以前は一泊二食が11,500円

それをできるだけサービスを
簡素化し3,000円以上も
下げたのです

薄利多売にシフトしたのか?

施設が古いので、負い目を感じた
値段設定にしたのか?

いろいろ思われて当然です

しかしこれには私自身の
意図するところがあります

それは
「金額を下げ経済的負担を抑え
連泊してもらうこと」

これが真の目的です

確かに旅行は非日常体験

豪華会席に露天風呂は
旅の楽しみでもあります

しかし

あれを見てこれを食べての
忙しい旅行スタイルよりも

ゆっくりのんびり

風がむくまま
気の向くまま

自分と向き合える時間が
あるというのが

連泊だからこそ
可能なのです

例えば
往復の時間より現地での
滞在時間が短かった場合

ホントに心とカラダが
癒されるのでしょうか?

美味しいものを食べ
見たいものを見れれば

旅の目的は達成なのかも
しれません

しかしそれは消費型の
一泊豪遊スタイル

悪いとは言いません

そうではなく
日頃忙しくしているなら

旅の時ぐらいゆっくりでも
いいのではないでしょうか

静かな温泉地で風の音を
聞きながら

心とカラダが浄化される時間

ここにぜひ価値を感じて
頂きたいのです

コメントは受け付けていません。