注目された陸上男子日本選手権の100M走

夜のゴールデンタイムに
陸上日本選手権

4年に一度の代表選考を
兼ねていると言いながら

ここまで注目された陸上の
代表選考はマラソンぐらい

100Mの男子短距離決勝
9秒台が4人という

ハイレベルな戦いながら
出場枠は3人

見ている方も緊張する
そんなレースです


結果はご存知のように

1位 多田選手 10:15
2位 Dブルーノ選手 10:19 

そして
3位山県選手 10:27

タイムこそ9秒台は
でなかったものの

ホント、日本短距離界の
レベルもあがりました

私も陸上短距離の経験は
ありませんが

足には自信あり(笑)

たまたま大学の同期だった
不破(ふわ)弘樹

当時の彼の日本記録でも
10秒33

世界との壁は
厚かったのですが

この短距離でも世界と戦える
選手が多数出てきたのは

指導レベルや
トレーニング環境など

様々なものが世界レベルに
あることを証明します

と同時に9秒台の壁に長く
阻まれた歴史があります

前述した不破が
1968年の日本記録10:34を
1987年に更新

19年ぶりに0.1秒縮めて
10:33の日本新記録を樹立

その後、記録短縮は
続きながら

1996年が朝原宜治選手が
=10:08=

1998年に伊東浩司選手が
=10:00=

9秒台まで時間の問題と
思われながらも

結局10秒の壁を突破したのが
2017年の桐生祥秀選手の
=9:98=

陸上短距離の歴史を
振り返れば

10:34を突破するのに19年

10秒の壁を突破にも19年

同じ数字が並ぶのも
奇遇なのか

それとも壁と呼ばれた
呪縛なのかは
わかりませんけど

体格的も筋力・骨格から
勝てないと言われた

短距離

月刊陸上より

戦える選手が出てきたことは
嬉しいと同時に

選手ならびに関係者の方の
努力と研究心

そして諦めなかった

さらに

常識にとらわれなかった
成果だと解釈します

記録を破る以上に

常識を破ることは
また難しい

でもそれをなした人だけが
見ることができる世界がある

我々も業界の常識を
破ることに

このコロナ過で停滞する
飲食宿泊業界の活路が
あると信じます

どちらに転ぶか
わからないなら

やってみよう!です



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です