毎日は温泉に入ってはいませんょ

寒さ増すと温泉も
恋しい季節です

たまにお客さんに

「毎日、温泉に入れて
いいですね」と言われます

私は正直に答えます

「毎日どころか、ほとんど
入りませんょ」

するとお客さんは、ほぼ
「えぇ~もったいない」と

確かに毎日入ればカラダにも
イイのでしょうけど

私のような健康人は
家庭のお風呂で充分

たまに気分転換の為に
温泉へ

外食と同じようなものです

毎日が外食だと飽きてしまう
そんな感じです

温泉の効果効能について
このブログでも数多く
お伝えしてきました

その最大の効果は
「転地効果」

環境の変化が刺激となり
心とカラダの調子が整う事

さらに「場所ニューロン」の
活性化です

頭の海馬という場所が
刺激され

アイディアが浮かんだり
記憶力や集中力が増したり
頭にはイイことが多々

なので温泉地での
読書や思考は
おススメなのです

では、家庭の風呂はどうか?

もちろん温熱効果による
疲労回復や新陳代謝の促進
健康維持にはおススメです

シャワーで済ますより
お風呂がカラダに
良いのは間違いなしです

温泉とお風呂
それぞれにイイところが
あります

おのおのを上手く使うことが
ポイントです

○温泉…健康増進

○風呂…健康・衛生維持

例えばあまりに疲労が
溜まりに溜ると

家庭の風呂では
解決できません

そこで必要となるのが
温泉です

温泉はマイナスをゼロに
さらにゼロをプラスに

腰痛改善や美肌効果が
期待できるのは
お風呂以上に温泉です

日々の疲れをリセットには
家庭のお風呂で充分

しかし、目に見えない
ストレスやカラダの疲労感

日々少しずつでも
積もり積もっていきます

悪化して病院へ行く前に
温泉へ

薬と違い副作用もなく
「療養」という言葉があるのは
温泉なのですから



コメントは受け付けていません。