歩くことで気づく 健康以外の効果

今年初めというか
今年度初のチラシ配り

コロナが増え続けている
この時期に
何を考えているんだと
思われても仕方ありません

待っていてもダメならば
こちらから出て行こうと
いうことで

中華弁当のお持帰りと
宅配サービスのご案内です

地元を歩くと
わかっているようで
わかってない

その状況を痛切に
感じた次第です

例えば

こんなところに
道があったのか?

同級生の家は
ここだったのか

この家は人が住んで
いるのだろうか?

吠える犬が
いませんように…

いろんなことを
考えながら配りました

(樹齢150年の長寿の松がある家)

モチロン
「わざわざ、ご苦労様」とか

「寒いのに大変だねぇ~」
など

日頃、地元に出て行くことが
なく

知らないことや地元の人との
会話が新鮮でした

また途中に
結構な登り坂があったり

田舎なので、一軒一軒が
離れていたりと

こちらもイイ運動に
なりました

何度もそばを車で通ったり
高校時代は自転車で
通ったりと

知っているようで実際に
歩いてみると

見える景色は違った
モノです

中には「これはスゴィ」と
思うような場所を
見つけたり

ここは都会の人が見れば
喜ぶだろうな~といった
ような場所があったり

車や自転車のスピードでは
見えない景色も

歩くスピードなら見えてくる
景色もあるものです

よく高速道路やF1レースなど
スピードを上げれば視野は
せばまっていきます

スピード・高速化は
確かに大事

でも時にゆっくりスローな
ペースもまたイイものです

当館でも3つのSと言って

・サイレンス(静寂)
・ストリーム(清流)
・セカンドライフ
 (第2の人生)

この3つをテーマに
してます

今日わかったのは
歩くスピードは走ったり
自転車や車にかないません

しかし遅いということは
劣るということでもなく

いろんなものが見えてくる
視野が広がるといっても
イイでしょう

スロースティ
当館の4つ目のSに
なりそうです

コメントは受け付けていません。