正しい健康情報の選択と落とし穴は何か?

人々の悩み第一位である健康。
お悩みのトップであるが故、お悩み解決商品を数多く宣伝する深夜のテレビショッピングの商品はどれも魅力的に見えます。

また、健康に関する雑誌やテレビ番組などはすたれることなく、インターネット上では様々な情報を無限に引張ってくることができます。

むしろこれだけ多ければ、何が正しくて何が間違っているのか?の判別が難しいところですが、本日は健康運動指導士でもあり、前職時代も合わせれば約30年近くも健康分野に関わっている私、吉本が本日もできるだけ簡潔にお伝えさせて頂きます。

1.健康情報を発信して得をする人は誰か?

常識と逆説的なTV番組の内容や書籍のタイトルは、当たり前のことを当たり前にいうよりは、今まで当たり前と思っていたことを覆すような内容の方が、視聴率もとれ本も売れるという訳です。

正しいか?間違っているか?というよりもTVでも、書籍でも人の注目を惹きつけることにもウェートがかかっています。

視聴者や読み手の健康を心から願っていると取りたいですが、視聴率・出版数、そしてインターネットであればアクセス数やそれにともなう広告収入など、正しく、そして自分にあった欲しい健康情報は見つけにくいのが昨今の現状といえます。

2.正しいか間違っているか?よりも自分に合うか合わないか?

視聴率やアクセス数にとらわれ間違った情報発信とは言いませんが、これだけ膨大な健康情報を一つ一つ検証していく訳にはいきません。

また、最近はエビデンスに基づいてなどやゲストに権威ある人を迎えて番組構成されている場合もあり、見る側にとっては「うん、うん」とうなずくしかありません。

では、どのように正しい健康情報を選択するか?よりも大事なことは、自分自身に合っているのか?合ってないのか?が一つの判断基準となります。

ご自身で試され変化が起こるのが早ければいいのですが、運動や食事はなかなか効果は見られてないものです。

ですので、自分に合うか合わないか?そして継続できるか?できないか?が大切になってきます。

なにしろ健康づくりは一日にして成らずですし、基本楽しくないと継続できませんから。

3.一番簡単な健康づくり

これは、間違いなく「睡眠」です。

運動や食事は、なかなか継続するのが難しい時もありますが、睡眠は毎日関わることですし、少しの工夫で日中のストレスをきちんとリセットすることができます。

もちろん、手前みそながら「温泉」も簡単な健康づくりではありますが、これは利用できる環境にあるか?ないか?で違ってきますから、誰もができる簡単な健康づくりといえば睡眠となります。

人によっては寝る時間を惜しむ場合もあるかも知れませんが、ただ長い時間寝るだけでなく、睡眠の質にもこだわって、翌日に疲れを残さないような睡眠にして下さい。

そして最後にこれからの季節は『就寝する1時間前の入浴が睡眠の質をあげる』ので、ぜひお勧めです!!


コメントは受け付けていません。