業界オピニオン・リーダーの言葉

観光・宿泊業においてこの人の発言は
見逃せないところです

星野佳路(ほしのよしはる)氏

カンブリア宮殿出演時の星野氏

今回のカンブリア宮殿では
新型コロナの影響によって
生き残り戦略を語ってました

彼曰く
GoToトラベルについて

「週末はお客さんが戻ってるので
キャンペーンで密の恐れがある」

「平日に限定すべきだ」とか

「行政区分割りで県をまたぐ移動を
制限するのはどうか?」
「観光商圏は県をまたぐ場合が多い」

確かに
下関と門司
萩と津和野
岩国・宮島・広島市など

業界のオピニオン・リーダーの
発言はなるほどと感じさせます

そして
数多くのメディアに出演のある
彼の発言や考え方

カンブリア宮殿の登場に関しては
今回で3回目の出演になるとのこと

このことは観光・宿泊業だけでなく
異業種にもヒントやキッカケと
なることが多いからと考えられます

そんな中、私が注目したのは
前回、前々回の出演時の発言

「こだわりこそが大切」

「こだわりがあることで、
お客さんの聞くべきわがままと
無視するわがままが見えてくる」

「お客さんの声でサービスを
かえるのでない」

「自分達のこだわりを認めてくれる
お客さんだけに来てもらう」

なるほど
こだわりはいい意味でも
悪い意味でも使われます

そして時に美学、哲学また
企業文化や理念ともなります

つまり「こだわり」とは
選ばれる理由です

では、われわれのこだわりとは
何か

それは
・静かな環境の提供

・心脳体

・温泉地での心とカラダの
 保養こそが医療を補完できる

これらが我々のこだわりです

一泊豪遊型の宿泊スタイルは
当館にはありません

忙しいだけの、あれを見て
これを食べての旅行から卒業して

自分と向き合う為の
静かな時間を過ごして頂く

そんなこだわった旅行スタイルを
これからも提案し続けます

コメントは受け付けていません。