松茸(まつたけ)列車、好評です

秋の味覚と言えば

「松茸(まつたけ)」

当館の姉妹店 元湯「憩の家」では
この時期、松茸列車で賑わいます

本日は、週末で人数が多い為
久々に送迎で運転担当

やはり、秋の味覚を代表する
味覚のことだけはあります

しかしながら、この松茸
年中食べれるならどうでしょうか?

希少性の高いものですが
田舎にいれば、なんだかんだで
手に入ります

従業員でも
「松茸って、そんなに食べたい
ものですかねぇ~」なんて言う始末

季節のもので限定性があるから
人の注目と関心が集まります

注目が集まると言えば
錦と言う言葉の意味

錦鯉を例にとれば
淡水魚の中でも価値あるものに
錦は使われます

「錦」は人々から注目され
その有する価値が高いと
評価されたモノに許される称号

つまり、注目に値するものに対し
許される称号なのです

では、当館の錦は?と聞かれれば

それは、温泉や自然環境

イヤイヤ、それよりも
唯一無二

世界に類を見ない建造物
こそが我々の誇るべきもの

この40年目を迎える
当館の外観

まさに錦に値する建築物です

歴史を遡れば
開業初年度

瓦を使った斬新的な建物に
贈られる「甍(いらか)賞」を
受賞

また、半年前に行われた耐震検査では、
壁の強度が一番弱いところでも
31N(ニュートン)

詳しい方が言われるには
学校の耐震基準をはるかに
上回る数値だそうです

これだけ頑強に造られたのは

設計建築された方が
一つの作品として

後世まで残したいとの
強い想いが感じられます

その設計された方の想いを
我々が繋いでいくこと

後世にすぐれた建築物として
いつまも人が訪れる建物として
繋いでいくことが我々の使命

40年目と言う節目の今年

優れた錦に値するモノを
守り育てながら
50年目を目指します

コメントは受け付けていません。