東日本で40℃越え~水分補給に一工夫

東日本の群馬県や埼玉県では
40℃越えの猛暑日

一方、西日本では梅雨がまだ
続いているような天候です

東と西ではこうも違うのかと
ニュースを見て感じる次第です

さて

暑くなると熱中症が言われます

最近は、その対策も知れ渡り
水分補給の重要性は
誰もが知るに至ってます

例えば
スポーツドリンクがいいとか

塩分が必要だとか

のどが渇く前に飲めとか

今は常識となりつつあります

ところで
スポーツドリンクを飲むと
若干の甘さを感じないでしょうか

塩分が必要なのに
糖分??

これは、ぶとう糖が含まれてます

カラダには塩分も必要ですが
その吸収を早くするには
糖分が必要なのです

私たちが子供の頃は
「運動中に水を飲むな」でした

それが水分補給が言われ
さらに塩分、そして糖分の
必要性も言わています

時代とともに少しずつ
変化してきています

もちろん
この先、糖分以外にも新たな
成分が必要と言われるように
なるかもしれません

時代が進めば新たな見解が
出てきます

その為にも常に自分専門分野には
アンテナを高くする必要があります

そして
自分一人のアンテナでは
どんなに高くしてもしれてます

何本もアンテナを立てる為には
専門分野のネットワーク
つまり仲間が必要です

『ゼロ歳から一生涯の健康づくりに
貢献する』

その為にも、
専門分野のネットワークを広げ

料理同様に旬な健康のネタを
提供してまいります

コメントは受け付けていません。