春の色 黄色 テレジアン・イエロー

菜の花が咲いている様子が
そこらかしこで分かります

春になっていくのは
寒さのゆるみ

そして目に入ってくる
花の咲き具合でわかります

(レンギョの花も黄色)

春の訪れを告げる
梅の花

そしてこれからは
菜の花

さらにもう一ヶ月後は桜

花の咲く様子が
新しい何かを
感じさせてくれます

花なんて興味もなかったのが
歳をとったのでしょうか?

それとも厳しい状況を早く
抜けたい

その思いが春の訪れを
待ちわびるのか?

いろいろ考えます

ちょうど一年前の今の時期

新型コロナに翻弄され

今までに類をみない不安を
経験しました

しかし自然界は人間界と
違って

人が右往左往しても

何一つ変わらず四季の色を
見せてくれます

人のこの一年の気持ちを
色に例えるなら

グレー 灰色などでしょうか?

黒でも赤でも白でもない
スッキリしない色です

それゆえに、春の色
ハッキリした色

それを待ち望んでいたのかも
しれません


梅は白
菜の花は黄色
桜はうすいピンク

ちょうど今は黄色が日一日と
映えています

この黄色い春の色

実は当館の内装にも
ふんだんに使われてます

使われているのは
同じ黄色でも

オーストリアの
マリアテレジア好んだ色

テレジアン・イエローと
呼ばれてます

高貴な色はパレス=宮殿に
合うよう選ばれた色です

又、外観は周囲の緑に
配慮した

アースカラーのベージュ色

40年以上たった今でも

その斬新な外観や内装に
設計者の思いが感じられます

そして又
地元の方がこの施設の誕生を
どれだけ楽しみにしたことか

当時は今以上に異彩を放ち
違ったように見えてたのでは?

そう思うのです

それは鋭い黄色でもなく
ぼんやりした黄色でもなく

やわらかいイメージの黄色

春の訪れにふさわしい
色だったはずです

今が旬

そして思い立ったが吉日

40年前の思いを引き継ぎ
そして新しいこれからを
描いてみせる

それが私の使命です

もう少しで季節もそして
人の気持ちの
冬は終わり

そして春が到来します

ここは、人と人とが交わる場

訪れた人が何かに気づいて

何かをはじめる

そんなキッカケとなる宿を
目指しやっていきます

過去40年間に無かったモノを
お見せできます

新しい出会いや始まりを
予感させる春の黄色

やはり自然は何かを
教えてくれるのです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です