春に向けての動きあり コーヒー&お弁当

暦の上では春
しかし、外は大雪

やはり2月
寒さは侮(あなど)れません

そんな中

今朝の地元中国新聞に
行楽シーズンに先がけた話題

錦帯橋の近くでコーヒー店を
営むimm(イム)さん

お付合いはありませんが
話にはよく聞くお店です

3月4日に横山地区(お城側)で
売り出されます

昨年は2月の終わりから
新型コロナが大流行

せっかくのお花見シーズンも
桜は例年通りの見頃でも

人はほとんどいませんでした

しかしながら、今年は
この状況下にあっても

少しずつ春に向けての
動きが感じられるのは

嬉しいことです

我々も他店の動きに
関心してばかりで
はいられません

学ぶべきは学んで
差別化するところは
突き抜ける

ということで
私たちも自慢の

「温泉水コーヒー」

飲める温泉水で淹れる
まろやかな味わい☕
(2012年飲泉許可済み)

これを3月20日(土)
春分の日より

新しい形で販売を始めます

(読売新聞)

まずはマネから
そして差別化です

さらに飲食店では
今や当たり前のような

お弁当のテイクアウト

こちらも我々は
後発組ながら

巻き返しを期してます

それは自分でいうと
「ホントかぁ~??」と
言われそうですけど

味に自信ありです!

週替わりナナゴ―弁当(税込750円)

一昨日、家で食べてみて
家内も大満足

早速一週間に一度

我が家での夕食は
お弁当に決定です

週替わりゴ~マル弁当(税込500円)

当館の若き料理人は
仕込みが細かい

本格中華がベースながら
和食も3年修業

さらに、こちらが伝えた

まず「手作り」

次に「素材」

これをきちんと
実践してくれます

まだ3つ目があるのですが
それは今後、追々と

モチロン
おいしいだけでは売れません

売る為の選ばれるための
工夫も必要です

すでに地元の方向けの
お弁当は完成しました



少しずつですが春に向けての
準備が整ってきました

食べて元気になってもらう

この単純明快なことに
こだわって

私たちはやり続けます

こんな時だから
できること

そして私たちにしか
できないこと

3月20日(土)
春分の日よりスタートします



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です