新年度を迎える為のルーティン

パソコンの画面を
きれいに拭くと

ハッキリ見えるようで
気持ちもスッキリ

ちょっとしたことで
気持ちと心が変わります

以前に禅宗の僧侶さんから
聞いたのが作務(さむ)の話

掃除をすることは心の
わだかまりを整える為 

目に見えるモノが乱れて
いると心も乱れやすい

なので目に見える所を整えて
自然と気持ちも整う

そう教えられました

その一方、心に思った事で目に
見える景色が変わる

そういう人もいます

心模様ではありませんけど
前向きな時と沈んでいる時

この場合同じ「赤」でも

気持ちが乗っていれば
太陽の赤のよう見えるハズ

しかし気持ちが沈んでいれば
薄くぼんやり色あせりてたり

そんな赤に見えるでしょう

目に見えるモノで
心がかわるのか?


心が変わるから目に
見えるモノがかわるのか?

少なくとも言えることは
掃除をすること


そのことで気持ちが
変わることは確かです

桜も満開

そしてもうすぐ新年度です

年末大晦日は
大掃除はしても

年度末はほとんど掃除など
しない

こと掃除に関しては
大晦日>年度末です

新年を迎える時と同じく
新年度を迎える為の大掃除 

思い切ってやることで
気持ちの準備ができます

やらされ感ではなく

「よし!やろう」です

そして新年には
初詣がつきもののように

私の場合お宮参りでは
ありませんけど

一人で自分と向き合える
当館対岸の清流傍にある

パワースポットで
思いっきり深呼吸

私にとって実はこの場所での
深呼吸こそ

パワー充てんの為の
手順(ルーティン)です

新鮮な空気をゆっくり
とり込み

そして静かに細く
口から吐き出す

不思議なもので
川のせせらぎと山の緑で

少しずつ少しずつカラダの中
さらに頭の中から

溜ったものが少しずつ
吐き出す呼吸とともに

抜け出ていく 

そう「浄化」していく
感覚なのです

まず清掃、そして空気の
いい場所で深呼吸 

新年度という節目を
迎えるにあたり

気持ちを整えることも
大事な準備

その為におススする新年度を
迎える為の手順なのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です