数値だけでなく、いつもの感覚を大切に

経済ニュースを見ても
コロナやワクチン 
政局やアフガニスタンなど

オリンピックのあの感動と
興奮が遠い過去のようにさえ
感じます

なかなか明るい話題が
なければ

ついつい気持ちも
下がり気味・・・

さらに本業も夏休みとは
思えぬ閑古鳥状態


これ以上ネガティブを
書き続けると

読んでいる方に失礼

貴重な時間を頂いてる
ことを認識し

話題を変えます

と 自分の話ですけど
最近、ど~も

カラダがだるい

長雨続きで湿度が高く
そのせいなのか?
どうなのか?

睡眠時間も若干短く
6時間

食事はきちんと
発酵食品を中心に

運動も一日平均すれば
8,000歩とまあまま充分

気になり体温を測れば
36.5℃

脈も66/分と
なんとか基準値

で、こんな時は
無理をしないことです

オーバーワークに
なってなくても

様々な精神的な負荷が
かかれば休息も必要です

そう考えると
いくら健康に留意しても

そこは人間
山あり谷あり

なので今日は谷の日⁉

早く寝ます

そして明日に
備えるのです

人のカラダは数値的な
もので

健康状態が測れます

例えば
体温・血圧・脈・体重など

それと感覚的なものも
私は大事にしてます

それは毎日飲む
コーヒーの味

いつも飲むコーヒーが
おいしくなかったり

欲しくなくなったときは
体調がすぐれない

そう判断し原因を
考えます

これは皆さんにも
おススメ

何もコーヒーでなくても
毎日口にするもので
感じてみてください

あのイチローなんかは
カレーだったようですが

それは人それぞれです

健康を推し量る意味でも
数値は大事

また自分の日々の感覚も
大切にして

数値だけで判断せず
自身の感覚も大切に
してみてください

大事なのは

いつもと比べて
どうなのか?

ココです

人と比べるわけでもなく
数値の高い低いでもなく

いつもの自分の感覚を
大切にすれば

未然に大病も防げます

薬に頼らず

自分のいつもの感覚を
大切に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です