情報格差社会

ニュースを見ると
ロシアのウクライナ侵攻

オリンピックが終わった
タイミングを見計らったのか?どうか?

それはさておき
ウクライナという国名

聞いたことはあっても
地図上ではどこなのか?

それがこの度の件で
ようやくわかりました

改めて感じるのは

知ってるようで
知らないことは多いもの

確かにグーグルで調べれば
ほとんどのことはわかります

が、しかし

それにしてもこれからの
情報量はどんどん増えます

良しにつけ悪しきにつけです


なので、自分の専門分野でも
ある温泉や健康

この2つについて、そして国の本音
これらを本日はお伝えします

1.心とカラダを癒す、天然の恵み

リモートワークといった
新しい働き方が進み

それと同時に新たな課題も
出てきてます

仕事とプライベートの線引きが
難しく

つまりONとOFFがつきにくい

先日もお伝えしましたが
休むでもなく

仕事をするにも全力が出せず
集中力がスグ切れる・・・

このストレスは徐々に
心とカラダをむしばみます

いくら寝ても頭が冴えず
何となく体調がすぐれない

とこうなれば

薬に頼るより「温泉♨」
これが一番

心もカラダも温まる温泉こそ
メンタルを癒す

副作用のない特効薬

そう言ってもイイでしょう

2.健康格差の拡大

TVやネット上では
様々な健康情報があります

ただ

それがすべて正しいとは
言い切れません

と同時に、自分に合っているか?
どうか?

ここが大事です

最近では新三大栄養素と
言われたり

ビタミンD,マグネシウム、亜鉛

また、運動は痩せる為に
やるというよりは

これからは頭の為

いわゆる「健脳」であるには
運動が一番ですし

メンタル疾患の予防や改善にも
有効と言えます

3.健康に投資する時代に

散歩や睡眠

バランスよく食べたり
適度な運動

これらはほとんどお金はかからず

同時に日々、意識しないだけに
軽視しがちです

悪くなってから医者に行く

これではいつまでたっても
医療費の高騰はさけられません

これからは

①医療費のかからないように
 してもらう

②70歳過ぎても働いてもらう

国はこの2つを

もしくは最低でも一つは
やってもらいたい

これが国の本音です

自分のカラダは自分で守る

その為にも健康中心の内容を
しっかりお伝えしていきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。