広島で見つけた「ちょっと気になる温泉」とは?

山口県内で唯一人
温泉利用指導者の吉本です。

職業柄ついつい
温泉や健康、お金や経営と言う言葉に
即反応してしまいます

さて

先日の広島で興味引かれる温泉を
見つけました。

場所は広島市中区

でも温泉名は中区温泉でなく

音戸温泉

音戸と言えば広島県呉市では・・・

音戸大橋・広島県呉市

名前の由来が気になります。

次に
地下850Mからが

ポンプアップか?
自噴なのか?

※ 自噴とは地下より
自然に吹き上がる温泉

欧州では自噴泉しか温泉と
呼ばないそうです。

しかし日本はポンプで
吸上げようがどうしようが
温泉は温泉。

これだけ日本に温泉が多いのは
温泉を定める法律がゆるいことに
一因します。

例えば
・水で薄めても温泉
・泉温が25℃以上あれば温泉
・既定の成分、たった一つで温泉

比較的ゆる~い法律で定義されます。

これをどうとらえるか?は人それぞれ


しかしながらお金と時間をかけて
温泉に行くなら

それなりの効果効能は
期待したいです。

では

良い温泉とそうでない温泉を
見分けるには?

①源泉掛け流し◎ 循環式でない
②塩素で殺菌してないこと
③湧出量1ℓあたり一人換算

ちょっと③がわかりにくいので補足します

例えば毎分120ℓの温泉ながら、
最大120人の利用ができるということです。

泉源が一本で、湧出量が100ℓ、
利用者の最大キャパが300人なら×

ちょっと堅苦しい・・・

そうですね
あくまで「ゆる~く」「楽~に」
温泉を利用してください。

睡眠と温泉(入浴)は、
簡単で毎日続けらる

健康法なのですから

当館 大浴場

コメントは受け付けていません。