巨星、落つ・・・

20世紀を代表するボクサー
モハメド・アリが他界しました

自身の子供の頃、記憶に鮮明に残っている
伝説のボクサーであり偉大な人です

スポニチ

アリと言えば、プロレスのアントニオ猪木
との対戦をあげる人が多いのですが

自分が初めてTVでアリを見たのは、
タイトルを失ったレオン・スピンクス戦でした

負けるはずがないアリが、判定で負けたのは
ホント見てて衝撃でした

しかし、このブログでは、アリの事は
書きつくせません

勿論、いろいろな記事新聞に書かれている
のでそちらを読まれる方をお勧めしますが

しかしながら、アマチュア時代に
オリンピックで金メダルをとり
国民からはヒーローだったアリ

その英雄の彼が首から金メダルをかけ
入ったレストランで肌の色が
違うだけで断られた・・

その時の悔しさと怒りで、
努力と汗の結晶の金メダルを
川に投げ捨てた話は有名です

そして当時のアリの心境を思うと、
こちらまでやるせなくなってきます

さらに歴代のヘビー級ボクサーで強い選手は
数多くとも彼がグレーティストと呼ばれるのは
強さだけではないはずです

現役時代は人種差別と闘い
晩年は自ら患ったパーキンソン病と闘い

リング以外でも闘ってきたアリは
とても自分のような人間がブログで語るは
失礼にあたる程、偉大な人であったことは
間違いありません

モハメッドアリ20

人は死して、名を残す

偉大なチャンピオンは、いつまでも
語り継がれるでしょう~永遠に

コメントは受け付けていません。