山間の静かな温泉地で保養する

こんばんは
毎晩、蛍で盛況ながら、蛍バスでの案内役が回ってこなく、目立ちたがり屋としてはちょっぴり寂しく感じてます支配人の吉本です。

そんな昨今ですが、本日は自身の得意の温泉分野で皆さんに情報発信してまいります。

さて
ここ雙津峡(そうづきょう)温泉は、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、温泉宿泊施設の錦パレスと日帰り温泉施設の元湯・憩の家の2施設があります。

(夜の錦パレス外観)

もともとは1972年に日帰り温泉施設の開業がそうづ峡お温泉のスタートです。
それからもうすぐ半世紀を迎えようとしてますが、他の温泉に比べれば、まだまだ歴史は浅いほうなのかもしれません。

そんなそうづ峡温泉が一番の得意とするのが温泉を使った「保養」ということになるでしょう。
モチロン周囲を自然豊かな環境に恵まれ、目の前を流れる宇佐川は、全国名水100選、滝100選にも選ばれる寂地(じゃくち)山を水源にし、週末は遊覧電車のとことこトレインがその宇佐川の対岸を走ります。

(桜の頃のとことこトレイン)


錦帯橋まで車で50分、日本三景の宮島までは80分と観光としてもお勧めですが、訪れた方のアンケートでは保養・リフレッシュ目的が観光を抜いてダントツの第一位です。

そしてこの錦パレスも仕事中にケガをされた方が静かな温泉地でお湯に浸り、職場復帰までの期間を過ごす目的で造られたのがそもそものそもそもでした。

ですので、そうづ峡温泉は観光よりも保養の色合いが強い訳です。

では、保養とはなんぞや?と思われるでしょうが、

〇休養・・・1~3日間で疲労やストレスを取り除く

〇保養・・・一週間以上の滞在での健康づくり

〇療養・・・温泉を治療目的で利用する

と大きく3つの分けられると思います。

やはり、温泉を健康目的で使われる方は多い訳ですが、ただカラダの健康だけではないようですね

例えば、男性ならわかるでしょうが、綺麗な女性やスタイルのいい女性を見ると思わず口から出る言葉

「目の保養になった♡」

なるほど
これは、目の健康づくりではなく、気持ちや気分の事を言っているようです

つまり保養とはカラダの健康と心の充足感の両方が伴って、はじめて「保養」と呼べるのだと思います。

我々、そうづ峡温泉は心とカラダの保養を目指し、これからも訪れる方へ マンパワーと自然の恩恵で のより一層の健康増進に寄与したいと思っております。

(清流・宇佐川)

コメントは受け付けていません。