山口でワーケーションをするなら

もうすぐいい夫婦の日
11月22日

そのまえに本日は
ホテルの日

1890年の11月20日
帝国ホテルの開業

それにあやかり定められた
日とのこと

当館も以前は錦パレスホテル
そう言ってました

しかしホテルと名乗ると
宿泊する方以外は入りにくい

また24時間、いつでも出入り
できると思われたり

それらの理由でホテルをとり
今の錦パレスへ

当館がホテルからコロナを機に
どこを目指していくのか

本日はお伝えさせて
頂きます

1.ホテルと旅館の違いは

よく言わるのが洋室が
多いのがホテル

和室が多いのが旅館

くわえてホテルはバス
(お風呂)がついてますが

旅館は温泉などの大浴場が
ある

しかし、あまりハッキリした
線引きはないようです

当館は旅館業法の届け出と
和室16に対し洋室2室

これらを見ても
旅館のようですが

外観や内観は少し旅館とは
異なるイメージもあります

当館の洋室

2.ホテルの語源はホスぺス

もともと中世ヨーロッパ
十字軍を泊める為につくった

それがホスぺスです

宿泊だけでなく兵士や旅人の
ケガを癒したりして

治療に特化していったのが
ホスピタル=病院

宿泊に特化していったのが
ホテルと言えます

下関 一ノ俣温泉観光ホテル

当館は泊まる機能
だけでなく癒し

特に頭(脳)が休まるよう
静かすぎる環境と

清流と温泉
遊歩道を歩いたりなど

これらで日頃酷使している
脳内が充分休まるよう

自然の力による癒しを
提供しています

当館対岸 清流そばのパワースポットの岩

3.ONとOFFに最適な宿

約4か月間、テレワークの
モニタープランを実施

そこからいろんな知見を
えることができました

例えば

和室だ寛いでしまい
仕事にならない

食事は3食、部屋まで持って
きてもらい完全に籠りたい

という声もあれば

思考するには改めて静かな
環境が必要なのがわかった

座卓の机が広いので
仕事を広げてやりやすい

その他、様々な意見を
頂きました

それらを含めテレワークと
いうよりはワーケーション

仕事のONがワークなら

OFFのバケーションこそ
自然に親しみ+温泉です

もちろん温泉も一泊二日で
一回だけという人は少数

気分転換に、そして考えに
煮詰まったら温泉

そして外を散策し

新鮮な空気を思いっきり
吸って頭の隅々までクリアに

自然と温泉が頭の
オーバーヒートを冷やす

まさに車で言えば
ラジエーターようなものです

いい考えを創り出すには
最適な温泉宿が当館です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です