寝る前には やめておきたい事

健康の3要素は
運動 栄養 休養(睡眠)

どれが一番大事か?

そう言われればですが
私はズバリ 睡眠

当たり前ですが人生の1/3を
占めるわけです

この1/3の質を高めれば
残りの2/3の生産性があがる

そりゃそうですよね

寝不足で仕事をすれば
効率が上がらないどころか

ケガや事故にも
つながりかねない

本日、仲間とオンラインで
話す中

自分をより良い状態に
する為に日々やること

これについて意見を
出し合ったのですが

この中で多かったのが

寝る前のスマフォや
動画視聴

ついついやってしまいますが
睡眠の質を悪くしますね

1.ブルーライトが交感神経を高める

今更ながらですけど
スマフォの光はよくありません

波長が短く目の奥まで
届くのと

寝る前の
副交感神経(リラックス)優位を

交感神経(日中の活動時)優位に
変えてしまいます

活動モードにスイッチが
入ってしまいます

2.人の悪口・愚痴・ホラー映画

ブルーライト同様
気持ちを高ぶらせるもの

悪口・愚痴・ホラー映画や
バイオレンスもの

これらも控えたいです

そしてできれば睡眠の質を
あげる為

寝る前のコンディションを
整えるのはおススメです

マインドフルネスや瞑想で
気持ちを静める

そこまでしなくても
布団の中で深呼吸を繰り返す

これだけでも睡眠の質は
確実にあがります

3.TVや音楽

直接、目から情報が
入らなくても

五感(目・耳・鼻・舌・肌)

これらから入れば
睡眠に影響はあります

注意したいのは直接、自身が
受け取らなくても

寝室やリビングを寝る状態に
しておくことも大事

一見、関係ないようですが
住んでいる場所は大切です

寝る前には部屋も
睡眠モードへ
持って行きましょう

4.甘いもの 消化しずらいもの

寝る前の誘惑

これは誰しも
経験ありでしょう

確かに日中、満腹状態や
甘いものを食べる

血糖値が上がり眠くなることは
ありますが

睡眠の質を高めるのとは
別物です

また、お腹いっぱい食べて
寝ると

カラダは寝てても
内臓は活動しています

カラダも頭も、そして臓器も
休ませてあげましょう

5.まとめ

睡眠の質を高めるには
寝る前の

・スマフォ
・悪口 愚痴
・TV・音楽
・甘いもの 満腹状態

こられをさければ
睡眠の質向上

当たり前のことでしょうけど

この機会に少し気を付けて
みては如何でしょうか

ここまでお付き合い
頂いた方

どれか一つでも試して
見てください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。