寝るにも作法が必要

読まれる方に何かプラスになるような
そんな情報をお届けしたい

そう思ってブログはかくものの
なかなか思うようにいきません

ホント伝える側のコンディションが
良くなくてはいけないことも痛感します

と、はじめて読まれるかたは
???となってしまうかもです

私は今年の3月末まで温泉宿泊施設を
やっていました

しかし、今年の4月からはその職を離れ

さらに
一緒に働いていた父親とも5月に死別

自分でもそんなに落ち込んでないと
思いながらも

一人でいればいろいろと考えます

よく、気持ちの整理と言いますが

見えない心を整えるには
見えるところから

そういって実家の亡き父親の部屋を
片付け始めました

しかしながら、4月は会社を
そして5月は実家を・・・

ただ、ただ目に見えるところを片付け
環境を整えれば気持ちも整う

それを信じてやってます

昨日、片づけくさした部屋で寝ましたが
これが意外

睡眠時間は9時間超

それまでも充分に7時間は睡眠時間は
とれていたにもかかわらず

寝てる時は暗くしているので関係ないと
思いながらも、不思議なものです

何か寝足りないような
そんな感じなのです

たとえ目や視覚から情報が入らなくても

散らかった部屋で寝たり
過ごすのは良くない

これは不思議なものです

夜寝る前は部屋の明かりをおとし
静かな環境をつくって寝る

これも睡眠の質をあげる
ひとつの方法と聞いてましたが

改めてそれを実感した次第です

もしかしたら、寝るにも作法

つまり

・部屋を静かにする
・照明を落とす
・寝るに必要ないものはおかない

最低限の守るべきこと感じ
お伝えさせて頂きます

人生の1/3をしめる睡眠
やはり大切です



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。