宿泊料金 いくらが妥当な価格なのか

誰もが知るビックネームが
新サービスを始めました

あの帝国ホテルに泊まれる…

しかしながら
売出し当日に即、完売

改めて、その人気の高さと
憧れの宿であることが
伺えます

もちろんこれは
誰もが知る名門だから
できること

例えば当館が同じように
一ヶ月36万円と
やったところで

愚の骨頂 💀

価格勝負は大手の戦略
中小零細はオンリーワンで

これは今さらでも
ありませんが

基本中の基本です

(その先の詳しくはこちらの本にて)

このように業界のトップが
動くことで

その動きが広がる可能性は
大きいのです

加えて懸念するのは
コロナの先行きもですが

緊急時代宣言が解除され
またGoToトラベルが始まり

そしてコロナが終息を
迎えた時

その時、人は一泊いくらなら
泊りに行くのでしょうか?

今回の帝国ホテルの価格破壊

そしてGoToトラベルの
破格の値引き率

たとえ限定的であっても

人は甘い汁を一度吸うと
忘れられないものです

このことを我々も頭に入れ

コロナが終息しても
以前と同じ感覚、サービス
そして料金設定でやると

市場から見放されます

ちなみに当館は
一泊2食で7,980円~

連泊すれば一泊2食が
一日当たり6,980円

既に下げれるところまで
下げてます

となると値下げ戦略は
当たり前ながら論外

では、どこで当館を
選んで頂けるか

ここを考えなければ
いけません

シティーホテルは東京の真似
地方の旅館は京都老舗の真似

これは14年前
尊敬する飲食の方に
言われた言葉です

私も生意気ながら
そう思ってます

しかし誤解のないよう
補足するなら

一生懸命やりギリギリの
状況でやっておられる

同業の方を見下すわけでは
ありません

しかし、どの宿も
おいしい料理とおもてなし

立派な露天風呂付きの温泉
一泊二日の非日常

そろそろ、このスタイル
金太郎飴的な従来の
一泊贅沢スタイル

ここから少しずつの宿が
個々の個性を売りにする


その変化を求められたのが
今回のコロナだと感じます

我々も人のお宿を
論評している

そんな余裕はありません

その証拠に今はお客さんも
ほとんどなし

例年なら土曜の週末は
神楽で賑わうものの

本日は閑散としてます

しかし変化のいい機会です

これからの錦パレスの進む道

このブログにてお伝えして
行きます




コメントは受け付けていません。