夫婦円満の秘訣は「運送屋」

なだたるビックネーム企業の
元大社長

原因はわかりませんけど
妻に暴力をとのこと

夫婦はいつまでも
円満でありたいものです

さて、仕事の事が中心の
私のブログ

たまにはプライベートの事も

そう思いながらも
なかなか書けず

甘辛田舎暮らしに絡めて
話そうとすると
さらにハードルはあがる

いずれ家内にも
登場してもらう予定

というのは家内は
東京生まれの東京育ち

当初、田舎に帰った時
周囲から言われたのが

「よく、奥さん
帰られましたね」とか

「よく決心されちゃった」
など

まるで田舎に帰った家内が
偉いような感じで
言われたのは覚えてます

まっ 家内が田舎を
どう見ているのかは
後日に譲るとして

夫婦生活も会社同様
順風満帆とは
いっているようで
そうもいかず

まさに山あり谷ありです

そんな中
本日夫婦円満の秘訣

本日イイ話を
聞きましたので
早速お伝えします

というよりは、実践する為の
宣言の意味も含めてです

例えば家内やお子さんに
何か尋ねられてたら

何と答えてますか?

ちなみに私の場合

「何でもいいんだょ」

「俺の言う通りでいいんだょ」

ほぼ9割はこの2つの言葉

裏を返さば
めんどくさいので
この言葉を使ってました

しかし、今日からは変えます

その言葉がお題の「運送屋」

つまり、大阪弁にすると
わかりやすいのですけど

「うん そうやなぁ~」

めんどくさいと右から左に
流すのでなく

受けとめる
受け入れること

その魔法の言葉が
「うん、そやなぁ~」

もちろん、そうだね
そうやねぇ~でもOK

この言葉は社内でも
使えそうです

ということは
社内で使えれば
地域でも使えるはず

受け入れるという姿勢が
なかなか持ちにくい

地方の田舎

本音と建前が混在し
人の事が気になって
しょうがない地域

「うん、そうやなぁ~」
「そうですね!」を持って
関われば

どうででしょうか!?

やってみる価値
試してみる価値
充分ありデス

地域が受け入れないと
愚痴をこぼす前に

自らが始める事が先決

その為にもまず家庭から
実践のスタートです

コメントは受け付けていません。