地方創生にきざし 転入超過数が全国NO1の町は?

まぁ~いきなり大きな
そして難しいお題ですが

お付き合いください

昨日のWBS(テレ東)を
見てると

転入超過人口に触れてました

それは

町村に入ってきた人数の多い
ランキングの発表

転入>転出=転入超過人口

わかりやすく言えば
過疎化の逆現象

で、その順位といえば

3位 熊本県菊陽町

2位 茨木県阿見町

そして転入超過人口の
多かった全国NO1が

1位 長野県軽井沢町

夏の避暑地
誰もが知るメジャーな場所

そう考えると

2位の阿見町や3位の菊陽町は
凄いと言わざるを得ません

ニュースでは今、軽井沢で
何が起こっているか?に触れ

都心から居住地を移し
リモートワークが進み

商業店舗を改装し
ホテルにしたり

簡易な戸建ての販売をし
退去時に家の買い取りも行う

ここでもコロナ過の
新しいサービス

そして人の動きがでている

そう感じました

ま、これだけでは
番組のレポートとなりますが

東京への一極集中が若干ながら
緩和されるのが

一時的なものなのか
継続されるものなのか?

注視したいところですが

全国の自治体でも
UJIターンなるもの

これはどこも行ってますが

多くは空き家バンク制度
地方移住応援団
地域おこし協力隊などですが

これらに加えて

リモートワーク
できるかどうか?

これは大事なキーワードと
なっていくのです

事実、みずほ総研のレポートに

就職選択先のキーワードに

以前は給与、やりがい、福利厚生
休日などがありましたが

コロナ過を経てリモートワークが
できるかどうか?

こちららが就職先を選らぶ
基準に挙げられています

サービス人の動き

そして就職選定にまで
コロナは大きな影響を与えてます

この度の転入超過人数

言ってしまえば
町村の総合評価といえます

わが町、山口県岩国市

「ここに住みたい!」と
思っても

東京や新潟から日帰りでの
下見は難しいです

そうすると、どうしても
宿泊施設は必要です

できれば移動の疲れをいやす
温泉があれば尚イイわけです

そんなわけで
「錦パレスがあるから転入しよう」

ではなく

「錦パレスがあるから
下見するのに助かった」

移住定住にあたっての
お休み処として

新たな役割を含めて
担っていきます

もちろん
リモートワークもです









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です