勤続30年、おめでとうございます

前職の上司が勤続30年で表彰されました

「ひがしさん、おめでとうございます」

(ちなみに自身も17年と9カ月、それなりに
頑張りました)

ほんと30年というと様々なことがあったと
思います

多分、ご本人も何度も辞めようと思ったのでは
ないでしょうか?

思い返せば、30年という年月は
濃いドラマが凝縮されているハズです

勤続2011

さて、個人ではなく会社の30年とは
どんなものなのでしょうか?

法人の場合、5年で85%の企業が倒産や
廃業する・・・つまり15%しか残れない

さらに、30年というと99.8%が・・・
つまり、0.02%しか残れない訳です

ということは
前職(セントラルスポーツ)は、30年の表彰
社員がいることで0.02%の企業な訳です

これもまた素晴らしいことです

思い返せば、前職の後藤社長(現会長)が
自身が出場した東京オリンピックでメダルが
取れなかったことがきっかけだそうです

後藤社長は、世界に通用するオリンピック選手を
育てたいという思いでセントラルスポーツを
立ち上げました

そして1988年にはソウルオリンピックで
悲願の金メダルを鈴木大地選手が

さらに、アテネでは体操の冨田選手が
金メダルを獲得

さらに、勤続30年社員を含め、1,000人超の
組織をつくられ現在に至っている訳です

ここで、忘れてはならないのは
創業時の「世界に通用するオリンピック選手を
育てたい」この想いです

この想いが、引き継がれ会社の永続的発展に
寄与している

改めて、前職の在任時代は全く
わからなかったことが今

想いの大切さを、かつての上司の喜びの
節目から大切な気づきを頂きました

辞めた今でも、素直に先輩の勤続30年を
祝い、その会社の創業時の想いに触れられる

あぁ~ 今夜は独りで乾杯したいところですが
本日は宿直なり・・・・・・・・・

もちろん、禁酒です!

コメントは受け付けていません。