免疫力をあげるラジウム温泉のホルミシス効果

ようやく最近になり、コロナウイルス対策は、うがい・手洗い・マスクの予防に加えて、カラダの免疫力を上げることが大切と聞くようになりました。

運動や睡眠、そしてバランスのよい食事が免疫力を上げると言いますが、つまり健康の三要素『運動・休養・栄養』な訳です。

本日は手前みそのようですが、11種類ある泉質の中で、何故ラジウム温泉が療養泉として特筆され、そのホルミシス効果とは?についてお伝えさせて頂きます。

1.ラジウム温泉とは微量の放射能を含む泉質です

えぇ!放射能と驚かないで下さい。

自然界の大気中にも微量の放射能は存在しています。
必要以上に大量に浴びてしまいますと「被ばく」となりますが、微量ならばカラダに良いことが証明されています。

※ラジウムが分解してできるラドン(ガスのようなもの)の微弱な放射能をカラダに取り入れることが刺激となり細胞が活性化されます。

入浴中に吸収されても、すぐにカラダから放出されてしまいますのでご心配なく。

2.ホルミシス効果とは?

ホルモンと同じ意味のギリシャ語 に由来し、その意味でもある horme(刺激する)」「刺激する」が語源のようです。

その効果とは?

①抗酸化酵素を増やすので、アンチエイジング効果が期待できます。

②大量の放射能は細胞の損傷を激しくしますが、微量ならば修復酵素の活性化を促します。

③ガン抑制遺伝子p53の活性化

つまり、微量の放射能が刺激となり、細胞や抗体などが活性化するわけなのです。

3. トーマス・ラッキー博士 の放射線と人体への影響について

今から38年前の1982年12月にNASAの医学顧問であり、当時ミズーリ大学の生命科学教授トーマス・D・ラッキー博士 が宇宙線(放射線)を浴びる宇宙飛行士の人体への影響について研究発表しました。

それによると宇宙飛行士は 地球の何百倍にもあたる 宇宙線(放射能)を2週間近くも浴びながら宇宙に行く前よりも戻ってきた後の方が生命力が上がっていることがわかったとの内容でした。

その事から 微量の放射線は人体にとって刺激となり生体を活性化させ生命力向上には有益であると発表されたのです。

4.免疫力をあげる ~その1:抗酸化作用

微量の放射線を浴びるとカラダの水分が反応し、一時的に活性酸素 (カラダをさびさせる老化の原因) が増えます。

するとカラダは自己防衛反応として抗酸化物質を増やし、一時的に増えすぎた活性酸素を適正値に戻そうとします。

この抗酸化物質が増えることが免疫力アップにつながるのです。

5.免疫力上げる~その2:自然治癒力の向上

人のカラダの中には多くの修復酵素が一日あたり何万個もの傷んだ細胞を修復してます。

しかし、この修復酵素も大量の放射線を浴びすぎると、それ自体が損傷してしまいます。

その一方、微量の放射線ならばDNAなど修復する機能が高まり、人体にとっては有益だと言えます。

つまり、人が本来持っている治す力を助長させる=自然治癒力の向上につながるのです。

元湯・憩の家

6.ラジウム泉を選ぶなら、新鮮な掛け流しの温泉を!

今までお伝えしてきたラジウム温泉も、空気中に気化していくので、循環式の浴槽では、いわゆる温泉の老化と呼ばれその効果が充分に期待できないのです。

例えば鉄泉(含鉄泉)
鉄分を含み貧血やリュウマチに良いとされてますが、茶褐色の温泉の色は、酸化した状態(=鉄分がさびた状態)で効果も弱まります。

ラジウム泉も同じように、長い間浴槽に溜ったり、ろ過機を通って循環させてあれば気化してその効果もやはり期待薄です。

選ぶなら、ぜひ『源泉掛け流し』のラジウム泉を選びましょう。

手前みそながら、そうづ峡温泉「元湯・憩の家」は源泉掛け流しのラジウム温泉であり、シャワーやカランに至るまですべて温泉、そして飲泉所もある、ぜひ体感して頂きたい温泉なのです。

元湯・憩の家の飲泉所(2012年12月認可取得)

コメントは受け付けていません。