健康維持の秘訣、今も昔も「日光浴」

コロナの影響で
「3密を避けて下さい」とか

「不要・不急の外出は
控えて下さい」など

これら報道が連呼されれば
外出の機会も減るものです

どこまでを不要の外出と
捉えるか?

それは人それぞれですが、
健康面から言えば家の中で
陰にこもるより

気分転換を含め適度な
外出は必要なのです

言ってしまえば
ONとOFFのような
屋外と室内の関係

屋外ばかりでもいけないし
家の中ばっかりでも
いけないということです

何故、家の中ばっかりでは
いけないのか?

このあたりを簡単に
ご説明いたします

1.医学の父と言われたヒポクラテスの言う自然の3浴とは?

古代ギリシャ人
近代医学の礎をつくった

ヒポクラテス

彼は自然の3浴を
唱えてます

①空気浴(大気浴)
②水浴 (温泉浴)
③日光浴

温泉施設にいる私が
これを書くと

手前みそのように
思われるでしょうけど

古代ギリシャ時代から
言われていたことなのです

特に①と③の新鮮な空気を
吸って全身に日の光をあびる

このことは
やはり外に出ないと
できない部分もあります

適度な外出をお勧めします

2.日の光でビタミンDが活性化されます。

ビタミンDは
太陽ビタミンとも呼ばれ

その効果はサプリで
摂取するだけでは不十分

日の光をあびて
活性化します

では、どのくらいか?と言えば

交差点で信号待ちをしている
その時間だけで良いのです

逆に長ければいいという
ものでもなく

日差しが強くなる
これからの季節

紫外線の影響もありますので
注意が必要です

一日15分~30分で
充分活性化します

※キノコ類には多くのビタミンDが含まれてます

3.驚くべきビタミンDの効果

簡単に述べます

[予防]
・骨粗しょう症
・インフルエンザ

[効果]
・筋肉の強くする

[ビタミンDが不足した場合]
・ガン
・心筋梗塞
・認知症の発生
・糖尿病

これらの生活習慣病の
リスクが高まると
言われてます

4.ハーバード大でも、ビタミンDの効果は述べれれてます

「ハーバード医学教授が
教える健康の正解」という

本の中でも、日光浴の
大切さは述べられてます

古代ギリシャ時代の
ヒポクラテスから

世界に名だたる最高学府の
ハーバード大でも

日光浴の大切さは
述べられてます

「ほんとかなぁ~」と
疑う前に気分転換もでき

場所ニューロンの活性化に
つながります

一日数分でも
外出しましょう!!

コメントは受け付けていません。