休むなら徹底して休んでこそ、疲労回復なのです

この4連休は全国各地の観光名所
どこも賑わったようです


本日は連休の忙しさがウソのようで
静かな日々に戻っています

さて
ここのところ、冷え込むせいか
私自身、若干の風邪気味

珍しく体調不良

思えば、2月の終わりから今まで
休みらしい休みもなく過ごし
その疲れが出たのかもしれません

人にはオンとオフが大事
アクティブ・レストなど

結構、このブログでも
「保養」の重要性を伝えながらも

そこは生身の人間
カラダは正直なものです

私自身
出張や会合など泊りを伴う場合

前日は仕事の切りをつけようと
結構、遅くまで頑張ります

「どうせ次の日はホテルで
ゆっくり寝れる」

そう思い、徹夜に近い状態で
仕事をする場合があります

なので
泊るホテルもそれなりのグレードで
会合が終わったらゆっくりと休める
そんな宿を選びます

そして出張先では
比較的、早めに寝ます

睡眠時間も充分で
疲れもしっかりとれただろうと
思いきや

逆に疲れが出て終わりの
場合が多かったようです

つまり
溜まりにたまった疲れは
一泊だけでは抜けきらないのです

そして一泊だけだと
疲れが出て終わり・・・

なので、時間が許せば
2泊以上をお勧めするのは
そんな理由もあるからです

一泊目は溜った疲れを出し切って

2泊目は回復に転じて英気を養う

改めて、自身の宿泊経験から
感じるところです

寝ても寝てもとれない疲れには
ぜひ、当館での温泉保養

疲れをとるなら、一泊豪遊より
やっぱり連泊保養なのです

コメントは受け付けていません。