休みの日の外出のススメ~場所ニューロンの活性化

午前中、家内と5時間の会話

ず~と家の中で
話しをしていると

話の内容もさることながら
頭が軽くオーバーヒートした

そんな感じです

話すことは好きでも
度が過ぎると逆効果

改めて体感しました

話す内容以上に話す環境
これって大事です

温泉の効果効能の一つ
アルファ波の増幅があります

これはリラックスしている
ときの脳の波形で

カラダにはプラスの影響を
与えます

・疲労回復
・快眠
・整腸

さらにこのアルファ波

家庭の風呂より
銭湯

銭湯より温泉

内湯より露天風呂のほうが
より多く現れます

なので温泉も内湯より
露天風呂がいいのは

カラダが本来求めている
からなのでしょう

なので休日は家でゴロゴロ
しているよりは温泉へ

この内容は以前にも
お伝えしました

自宅=落ち着ける場所

そのはずが
話しているだけで

頭がオーバーヒート状態に
なるのを回避するには

・外に出る
・外の空気を吸う
・遠くをボーっと見る

これらの場所をかえる

つまり
場所ニューロンを活性化する

同じ場所にいるのでなく
場所を変えるとイイのです

例えば雨で外出できなくても
掃除をしたり

部屋で座って考え事をするより
歩きながら動きながら考える

部屋を変えてみることも大事

そうすると頭の中の海馬に
刺激が入り

脳が約40%は活性化する
言われます

深呼吸

私自身も今まで健康について
いろいろと考え

そして啓蒙し
指導してきました

温泉宿泊業をやりながら
健康増進にも携わる

まさに2足のワラジ

そしてこれから私が取り組む
健康は

ズバリ「頭」

いわゆる脳活です

インターネットからあふれる
視覚情報で

頭はオーバーヒート気味です

そしてこれからの健康で
フォーカスされるのは

フィジカルよりも
メンタル 内面 内側

例えばカラダの内側と
いえば内臓

特に「腸」は注目されてます

脳活どうように腸活って
言葉も聞き来ます

しかし私は運動の専門家

腸と運動との相関関係は
わかりませんが

脳と運動の相関関係は
わかります

事実、運動はメンタル疾患に対し
薬と同等か?それ以上の効果あり

そのように精神科医も
言っています

今まで運動は痩せないので
やっても効果がない

そう言われてきましたが

これからはむしろ
運動=頭にイイと言えます

せっかくの休み
軽くカラダを動かし

頭のコンディションを整え
明日からの一週間のスタートへ
備えましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です