今こそ「変化」の時です

今日は、記念すべき日です
それは

一の俣温泉との「温泉姉妹提携」を結んで
ちょうど一年になります

DSC_0379

思い出せば、あの時は、調印式という晴々しい
舞台に上げて頂いたのを昨日のことのように
思い出します

DSC_0362
DSC_0370

そして一年

確かにこの「温泉姉妹」が少しずつ認知され
福岡方面からのお客様も増えました

しかし、嬉しい反面

なにか「これでいいのか?」と自問自答する訳です

それは、自身が今まで関わってきた
観光連絡協議会や広域連携 地域連携などなど
振り返るにあたり

どの会も最初の盛り上がりから停滞期へと
入って行きます

何故なら
会としての合意形成を図る為、理想よりも
無難な現実路線へ

(無難なドラマや小説など面白くもなんとも
ないと思いませんか?
無難はホントにいいことなのでしょうか?)

さらにだんだんと悪い意味での
「仲良しクラブへ」

あぁ~ 決してこの流れには
したくないものです

「無難」というボディブローが
どんどん効いてくるようです

そのためにも、ちょうど一年を
迎えたこのタイミングが
「変化」の時でしょう

変化とは
もちろん変わることですが

では、何が変わるのか?

もちろん「自身の内面」でしょう

もっと言えば以前、自分にホコ先を向けるの話を
しましたが

その話をした方から、
このようにも言われました

それは
「恥をかくことも能力」であると

多分、失敗を恐れて行動が減るより
「恥をかこうが馬鹿にされようが
行動することが大事」

ということだと思います

つまり
自分の内面の変化とは「もっとチャレンジしろ」
ということだと思います

さらにいえば「もっと失敗しろ!」
とも捉えてます

皆さんもちょっと考えて頂ければ

「そんなの無理だ」
「そんなバカなことやめておけ」

と言われた人が、飛行機をつくり
黒部ダムをつくり、電球をつくり

常に人が不可能と言ってきたことを
可能にしてきたわけですよね

それはかっこ良くいえば
「チャレンジスピリット」
また
「失敗上等!」の精神でしょうね

温泉姉妹の提携を結んで
ちょうど一年

この節目をとらえて
もう一度「変化」を求め
失敗を恐れずやっていく決意のような
考える機会を与えてくれた日でした

誕生日 新年 記念日と
節目の日は「気持ちの変化」の日なのかもですね

DSC_0403

コメントは受け付けていません。