人、そしてお金 私にしかできないこと

日々の通勤は車で
片道50分程かかります

今ちょうど、車を車検に
出しており代車での通勤

地方のモータースはきちんと
車を貸してくれるので
ありがたいです

これが東京のディーラーだと
代車などめったに貸して
もらえず

車を預けた帰りは歩くか?
もしくは電車かバスでした

過去を振り返って
思いだすに

都会のイイところも
あれば不便な一面も

そんな30年以上も前を
思い出し運転してました

過去を振り返ってみて
楽しかった思い出よりも
辛かった思い出が一番、
記憶に残っています

人間関係で人が辞め
人手が全く足らなかった
その当時のことです

あの時はホント人が続かなく
困ってました

しかし今はどうでしょう

新型コロナでお客さんも
ほとんどなく

経済的に厳しい状況です

大手の時は人で苦しみ
今は経済的に苦しむ

当時は人がいなくシフトが
どう考えても埋まらない

これ以上の大変な苦しみは
ないと思ってました

しかし今は先が見えず
お金に関することが
頭の痛い話です

過去を振り返って私の経歴は
大手(東証一部上場企業)
にいて、今は中小零細

そして以前は東京にいて
今は地方の田舎の職場

大手のイイところと
そうでないところ

同じように中小零細の
イイところとその逆も

さらに都会のイイところも
あればその逆もしかり 

地方の田舎でも
同じことが言えます

私は大手で
サラリーマンとして
働いている時

人間関係で人が
続けて辞めていく

そんな時
群馬県の温泉で癒され
湯治という保養を知り

「いつかは万座温泉で
一ヶ月の湯治を」と

その思いは今も全く
変わってません

大手も経験し
今は中小零細

都会に住んで
今は田舎にいる

私の過去の経験で
もしかしたら大手組織の中

人間関係に悩み苦しむ
そんな人に対し

何かお役立ちが
できるはずです

加えて都会暮らしから田舎へ

迷っている方にも同じように
何かはできるはずです

私のサラリーマン生活は
順風満帆ではなかった

特に人がいないという
「どん底」も味わった

その経験をもってすれば

現在の精神疾患における
推定患者数

約400万人

それも働き盛りの
30代~40代に多いと聞きます

医者でも産業カウンセラーでも
ましてや薬でもなく

私にしかできない
何かがあると

2月の初日の今日

車を運転しながら
気づいた次第です

コメントは受け付けていません。