一旦辞めた人間が市民健康サロンをはじめた理由

本業は飲食・宿泊業ですが
その一方

市民健康サロンもやってます

2007年から今の仕事に
ついた訳ですけど

なかなか前職時代の思いは
捨てきれませんでした

2009年に宿泊業に
専念するために

前職時代の運動指導に
一区切りをつけるべく

その節目、卒業記念として

健康運動指導士の資格を
取得

これで未練なく宿泊業に
専念できる

そう思ってました

しかし、前年の2008年

国民、誰もが知る
メタボという言葉が流行

さらに

1に運動
2に食事
かならず禁煙
最後に薬

こんな標語も生まれ

徐々に健康意識が
高まってきた年です

そんな折、たまたま
商工会の方がお酒の席で

「支配人、せっかく資格を
持ってるのにもったいない」

「何かやってみんかね」

「これからは健康意識が高まる」

「ヘルスツーリズムは
注目されるじゃろうね」

そんなことを言われ
嬉しい反面

自分は宿泊業に専念する!
そう決めていたのですが

やはりお酒は魔物
自分の本心を引き出し

「よし!やってみましょう」
あっさり答えてしまいました

そして2009年9月に
地元商工会と共催で

第一回の市民健康サロンが
スタートしたのです

名前を山代健康大学と
名付け

山代(岩国北部)地域
の良さを知り

人々の関心の高い健康を
テーマに

学ぶ気持ちがあれば年齢に
こだわらないことから大学

これをコンセプトに第一回
そして第二回を行いました

商工会との共催でもあり
この2回で終了し本業に専念

そのように思ってました

しかし参加者のアンケートを
みると全ての方が継続を熱望

加えて私自身のやってみたい
という本心と

やってはいけないんだ
という表向きの気持ち

さらに開催前の
行政主導の市民部会で

「お金をとってやるなんて
考えられない」

そんな風にも言われおり
腹も立っていたので

よ~し
ならばやってやろう!

といって開催に至ったのです

そして今は温泉と運動指導の
2足のワラジを履くわけです

最近、ワラジという言葉は
ちょっと古く感じており

今風に言えば「二刀流」

この方が洗練されて
鋭いイメージがあります

この先、宿泊と健康増進の
2つの分野においては

歯に衣着せずタブーを
切り捨てお伝えします

さらに地元特産の
コンニャクのような

やわらかいクネクネした
ような内容も

硬軟使い分けた二刀流
お伝え致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です