温泉地のワーケーション 動き出す

今年の流行語新語大賞から
わかるように

新型コロナに関連した
言葉が上位に目立ちます

三密
アベノマスク
アマビエ
GoToキャンペーン

ベスト10以外にも
同様の関連した言葉も

ソーシャル・ディスタンス
クラスター
スティ・ホーム
自粛警察
濃厚接触者など

そしてそんな中
ノミネートされた

テレワーク/ワーケーション

こちらに注目して
頂きたいです

弊社は2018年

宿泊型新保健指導と
公的保険外サービスの
2本柱の計画を県に申請

山口県に経営革新の
承認を頂きました

健康づくりに特化した温泉保養地構想

計画の中には
テレワークのスペースを
盛り込み

企業の生活習慣病の方
または予備軍の方へ

その予防と改善の保健指導を
当館で行おうというモノです

甘い誘惑とかけ離れた
環境なら

保健指導には最適です

しかし仕事のできる環境
ワークスペースがない

ならば当館の研修室や
会議室を使って

仕事をしてもらおう
というわけです

研修室/20名収容可
会議室/60名収容可

西日本豪雨災害や長雨
そして今回の新型コロナ

厳しい状況でその形は
成せませんでした

しかし今、こうやって
新たに動き始める

そのきっかけを
本日得れました

一人ではできません

でも
「たった一人でも俺はやる」
(高杉晋作 決起時の言葉)

高杉晋作像

もちろん、私はやります

誰かが始めなければ
いけません

思い続けていても
厳しい状況は
多々あります

しかし
応援してくれる人
期待を寄せてくれる人は
集まるものです

ありがちな観光+仕事の
ワーケーションでなく

心とカラダがリセットでき

職場に戻れば本来以上の
力が発揮できる

そんなコンディショニングの
為のワーケーション

当館ほどONとOFFを
きちんとすみ分けが
できる場所は
そうは無いはずです

例えば
北欧のフィンランドでは
会議で煮詰まったら

全員でジャグジーに入り

リセット

そしてまた会議を
スタートさせると聞きました

私も30年以上も前
仕事を抱え

群馬県の万座温泉は
湯の花旅館さんで

仕事 ⇔ 温泉
↕  ⇆  ↕
食事 ⇔ スキー

あの頃は必死でしたが
ホントいいONと
OFFが体験でき

そしてなんとか仕事も
形になりました

万座温泉だったから
良かったのです

あれが箱根や熱海の
歓楽街のある温泉地では

仕事になっていなかった
はずです

箱根湯本

何もない静かな
標高1,000Mの温泉地

ほのかに硫黄の匂いが
立ち込める

万座温泉だから
仕事ができたのです

その万座と似たような
環境を当館は提供できます

自分が過去にしたこと

あの時は辛かったけど
今は懐かしい思い出

今度はお客さんに仕事ができ
リセットできる場所を
提供です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA