リーダーの責任の取り方

プロ野球もいよいよ大詰め
優勝争いもさることながら、
また逆のドラマも注目されます

プロ野球-1000xauto-13909

逆のドラマとは「去就問題」

さっそく楽天のデーブ監督こと
大久保氏の発言が気になります

「最後まで厳しくしていくつもり」
と選手批判を解禁したとあります

ですがさかのぼること開幕当初は

「どんなプレーも指揮官である自分に責任がある。
選手たちにいかに全力を出させるかが監督の役割」
と言っていました

これには、全くもって共感できますが
なにゆえ表だって選手批判を避けてきた
同監督が・・・理解に苦しみます

しかしながら、批判行為を見て
人を裁くのは簡単です

その人に何があって、そのような言動に
至ったのか?

人のふり見て我ふりは如何なものか?
精神的に一杯いっぱいだったのだろうか?

様々考えられます

「裁きを興味に」
なかなか自分もできないことですが

今回の監督辞任にかかわる今後の
言動に注目していきたいところです

そして
リーダーの責任の取り方

まだまだ自分にとっては
茨の道のようです

あぁ~難しい!!

コメントは受け付けていません。