ライフセーバーがいない海で事故発生~コロナの影響はここにも

今年はまだ聞かなかった水難事故

でもやはり発生しました

原因は例年ならライフセーバーが
水辺の安全を確保するところ

今年はコロナの影響

「えぇ!どういうこと?」

そうなんです

救助の時はどうしても接触が
発生します

(yahooニュースより)

言うなれば三密の密接の
リスクがおきてしまいます

飲食店 スナックやバーだけかと
思いきやこんなところにも

新型コロナ感染症の影響・・・

事故が起きた海岸は
ライフセーバーをおけないことから
海開きはしなかったとのこと

ここで事故は発生してしまいました

1.私も以前はライフセーバーでした

もう資格は失効してますので偉そうに
言えませんが私も30代の頃は

ライフセーバーでした

なぜ、ライフセーバーを志したか?

単純に「かっこよかった」からです

「なぁ~んだ 薄っぺらいなぁ~」
そうお思いでしょう

しかし
もう一つあります

それは世の中には2つのタイプの
人間がいるという話

・人を押しのけてでも前に出る人

・人の為に何かをする人

この話を聞いた時
私は30代前半でした

当時はフィットネスクラブに勤務
いわゆるインストラクターです

そして
トライアスロンをやってました

オープン前の施設において
プールやトレーニング機器は
使いたい放題

なので
人より早く泳げ
そして人より早く走れてました

当時の自分は人を押しのけてでも
上位を目指し、必死に
トレーニングをしてました

しかしだんだん年齢とともに
レースでも勝てなくなり・・・

でもそうはいっても
人よりちょっとだけ早く
泳げて早く走れる

そろそろ人の為に
その「ちょっとだけ」を
生かすのもありかも

そう思って選んだのが
ライフセーバーでした

2.人より優れた部分を人の為に活かす

自分がライフセーバーを志した時の
想い

あの当時の想いは業種が変わった
今でも同じです

そして私が関わっている
宿泊業において

ホテルの支配人や旅館の旦那
また経営者として

自分より素晴らしい人は
たくさんいます

しかし
温泉や健康の分野に関せば
自分は人よりは優れている

その為の学びは止めてないし
この分野でいろいろと試してきた

温泉利用指導者や健康運動指導士
この2つの資格を持っているから

そうではない

やはり、自分は人の心とカラダの
健康づくりに寄与したい

職は変わっても思い続けてます

前職時代の企業理念

ゼロ歳から一生涯の健康づくりに
貢献する

これは今も変わらぬ自分の中での
基本理念です

コメントは受け付けていません。