ニュースの影に隠れている、この時期に気をつける大切なこと

雪は降らずとも寒い日が
続きます

本日も来る途中に
車がスリップ2度

危うく橋のたもとに
ぶつけるところでした

そしてTVをつければ
大雪の被害
いつもながらの新型コロナ

ほんと季節も冬ながら
TVの話題も寒々しい
事ばかり

やはり人は環境に気持ちも
左右されがちです

明るい話題を見つけようにも
なかなかない現状

ただ、こんな時に
気を付けたいことがあります

コロナ以上に死者を
出しているにも関わらず

ほぼニュースに
取り上げられてない事実

それが入浴中の
死亡事故です

新型コロナ死亡者
3,898人(1/11時点)

入浴中の溺死者(2018年統計)
5,398人

さらに入浴関連の死亡者
19,000人

この数字は近年高止まり
しているにもかかわらず

夏場の熱中症対策のように
注意喚起を促してる様子は
ありません

あまり、この先を
以上触れても

暗く、そして
寒々しくなるので

早速対策をお伝えします

我々温泉に関わる有資格者の
テーマでもある

「入浴中の死亡事故を減らす」

これについて言われているのが

①脱衣場と浴室内の寒暖差です

脱衣場は冬場でも18℃以上と
云っているようですが

私からすれば、24℃±1℃
つまり23℃~25℃が理想

以前のブログでも
書きましたが

ダイエットに体重計が
必要でも毎日利用する
お風呂

何故、温度計/湯温・室温を
気にしないのでしょうか?

体重は減らなければ
「あぁ~ ダメだった」で
済まされますけど

命に関わることは「あぁ~
ダメだった」ではすみません

自分も周囲も辛い
嫌な思いをしなければ
いけなくなります

そして、次が本日のキモ

②入浴前の水分補給です
それも「常温」です

入浴した直後、血中に
老廃物が流れ出ます

これが血管が詰まる
原因となります

これを予防する為には
コップ半分の水分補給

白湯(ぬるまゆ)でも
構いません

『たった一杯の水で
脳こうそくが防げるなら
これほど安い薬はない』

東京大学の武藤教授の名言

夏場の水分補給は言われて
久しいですけど

冬場の水分補給はまだまだ

それを知ってもらい入浴中の
事故を防ぐ

それが我々温泉利用指導者や
温泉入浴指導員

そして
高齢者入浴アドバイザー

有資格者らの役目なのです

(補足:お酒・ビールの
アルコール類は
水分補給ではありません
ので、ご承知の程)




コメントは受け付けていません。