コロナ対策で注目される広島県モデル

山口県は西と東で経済圏が
わかれます

ちょっと固い感じですが

私の職場は岩国市
住んでいるのは周南市

職場と家は同じ県内でも
映るTV局は違います

そして📺

岩国と広島の地方局では
TV東京系が映りません

ご存知でしょうがTV東京は
日経新聞と関係が深く

経済番組が充実してます

そしてたまたま見ていた

WBS(ワールドビジネス
サテライト)

番組内で放映エリア外の
広島のコロナ対策が紹介

興味を持って見て
おりました

注目されるコロナ対策

広島県モデルとは?

それは無料でPCR検査を
受けられる場所を増設

1人当たりの費用を
全額広島県が負担

総額10億円ですが
時短の協力金は100億

費用面もそうですが
早期発見で手が打てる

広島の感染者は人口規模に
対して少ないとのこと

ただし、この広島モデルも
大阪や東京のように

「人が増えすぎてからでは
効果がない」
(湯崎県知事談)

確かに言われてみれば
早期発見、早期対応

この予防の大原則に基づく
広島モデル

これは保健衛生だけでなく
健康増進でも言えることです

悪くなってからの
治療よりも

悪くならない為の予防
その為の自己管理

もう私が30年以上前
健康産業に入った頃から

日本は国の保険制度が
発達しており

それが為、欧米に比べて
自分の健康を自分で守る

この意識の低さは
指摘されてました

健康は国の保険や医者に
守ってもらうものでなく

自らで守る

また、スポーツクラブへ
通ったりで鍛える事は

自己投資です

そしていつもながらの
私の好きな格言

人はお金の為に健康を
害して働き

そしてその健康を取り
戻すためにお金を使う

ケガをしてから医者に
通うのでなく

ケガをしないような
カラダをつくりあげる

トレーニングが自分への
投資という概念が薄い日本

しかしながら、いつかは
欧米の感覚に近づけるよう

私はトレーニング指導の
第一線は離れましたが

日々、現場で頑張られている
トレーナーの方々

私はいつも彼ら彼女らを応援
そして学ぶのです

自身の知識を常に
アップデートをかける為に

やっぱりスポーツや
トレーニングの現場に

戻りたいのでしょうか?
イヤ、多分そうでしょう

(私のもう一つの側面です 👇)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です