コロナ・ウイルス感染拡大に対し正しい報道を望む

東京で一日の感染者が100人を越えた。
山口県内で8人目の感染者が確認された。

事実ではあるのだろうけど、どうしても不安を煽るような報道が多く感じます。

ではいったい今現在の国内の感染者は、はたして何人なのでしょうか?

1.発表されるのは累計感染者数

今現在の感染者でなく、発症者の積み上げの数字(積算人数)なので、数字だけ見ると日々増えているように感じます。

最近になって治った方や退院された方が別の数字で報告されるようになりましたがどうしても累計の発症者の数に目がいきます。

感染拡大を防ぐために不要不急の外出は控えましょうと報道するなら、今現在の発症者数が前日、そして一週間前と比べてどうだったのか?という効果検証の為にも累積の感染者ではなく、今現時点での発症者数を報道すべきです。

TVを始め視聴者に危機意識を持ってもらうのはいいのですが、余計な不安を煽る報道は自身のカラダの抵抗力を下げることにもつながりかねません。

2.被害者が加害者とならない為にも大事なこと

コンピューターウイルスがわかりやすいのですが、もし自分のPCがウイルスに感染してしまうと、その被害はメールやネットを通じ悪意はなくても広がっていきます。

自分が感染したか?どうか?というのは症状がでてはじめてわかることなので、一人一人が感染のリスクがあることもそうですが、以前にお話した免疫力を上げる為の対策も併せて必要です。

そして自宅で待機する場合の生活習慣で気おつけるべきことやメンタル面の在り方など併せて報道する事もメディアに対し望むところです。

コメントは受け付けていません。