ケガにも病気にも前兆があります

最近のブログの内容を
振り返ってみると

・転入超過人数
・強制貯蓄 など

ちょっと固い内容が
多かったのですが

本日(正確には昨日から)
ちょうどいいブログネタが
できました

それは久々に
「ぎっくり腰」を発症

私事の話ですけど

ケガからも気づきは
あるものです

このぎっくり腰
別名:急性腰痛症

名前だけ聞くと大したこと
ないような症状名ですけど

経験者はその激痛と
どれだけ生活に
支障をきたすか

よ~くおわかりのはずです

ちょっと寝がえりを
うっただけでも

軽くくしゃみや咳をした
だけでも

骨が折れるんじゃないか?と
思える激痛がはしります

ぎっくり腰の対処方法や
原因などいろいろありますが

ここでは治療の専門的な
ことではなく

ぎっくり腰に限らず
ケガや病気は

その伏線が必ずあると
いうことです

例えば

・仕事が立て込んでる

・長時間、同じ姿勢でいる

・入浴せずにシャワーだけで
 すます

・精神的にも心労がたまる

・慣れない仕事(肉体労働)で
 日頃使わない筋肉をつかう

・やったらやりっぱなし
 カラダのケア、一切なし

これらがケガをして
はじめてわかることです

そして大事に至るまで
小事はあったはず

私にとっての小事は

・肩があがりにくい
・背中やふくらはぎの張り
・体重の増加 など

これらの兆しを
見落としていたことが
原因でした

良いこと
悪いこと

すべて原因あっての
結果です

とくにケガなどは
小さなカラダの不調を
見逃さないこと

いつもと違う

この感覚は日ごろ
意識されることが大切です

最後に慢性的な腰痛で
お悩みの方

私の知り合いがおススメの
運動を紹介してます 

👇    👇    👇
たった3回のセッションで
姿勢がよくなる秘密


よろしければお試しの程

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です