カラダの小さな信号を見逃すな!~ハインリッヒの法則

ここのところ連日放送される
知床遊覧船事故

いろんなことが言われてますが
私が気にするのが

今回の事故に至るまでに
細かな事故があったという事です

もしかしたら、早めに気づけば
何らかしらん防げたかも・・・

これは人にカラダにも言えることです

本日は塵も積もればではありませんが
大きな事故の前には小さな予兆がある

このことをお伝えします

1.ハインリッヒの法則

一つの大きな事故の裏には
29件の軽微な事故

そして300件の怪我に至らないが
ヒヤリとするようなことがある

法則なので不変です
労災事故しかり、交通事故も

そして人災もふくめ大きな事故には
この法則があてはまるのです

2.カラダからの信号を見落とすな

病気やケガ

これにもハインリッヒの法則は
あてはまります

例えば腰痛を例にとれば

❶朝、靴を履くのにかがむのがきつい

❷ふくらはぎ、モモの裏がはっている

❸同じ姿勢でいると腰が痛い

そして腰痛から、場合によっては
ぎっくり腰など

回復が見込めるものなら
いいのですが

手遅れや取り返しがつかない状況に至る
その前で気づきたいものです

3.自分のカラダをセンシングする

自分のカラダと対話したことは
ありますか?

頭から足の先まで
カラダの調子を確かめていけば

もしかしたら不具合、違和感を
感じる場所があるかもしれません

静かにカラダからの声を聞く
瞑想中や入浴時がおススメです

早めにカラダからの信号を
キャッチしましょう

4.生活習慣も振り返ってみる

カラダと同じように日々の生活もしかり

・朝起きる時間
・食欲
・血圧/脈拍
・顔色/肌の色
・体重   など

これらを振り返ってみることも大切です

なぜなら

ガンや糖尿病、脳血管疾患、心疾患など生活習慣病の延長にあるからです

生活習慣病はその名の通り
不規則な生活がキッカケとなる病気です

今日までのあなたのカラダは今までの
あなたの生活習慣がつくった結果である

カラダ 日々の生活の中で細かい変化を見落とさないようにしましょう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。