アフターコロナに向けての約束

2012年12月に開港した
岩国錦帯橋空港

瀬戸内側で天候に恵まれ
地震も少ない土地柄

フライト条件にも適し

利用率は全国の
トップ10に入るなど

開業当初から利用者は多く
賑わってました(過去形)

それがつい先日
かつての一日5便が2便へ
減便

モチロン原因は
新型コロナですが

首都圏とのビジネス客の
往来が減ったのに加え

岩国錦帯橋空港は広島西部
大竹市から五日市までは

広島空港より便利と
言われてました

それが広島の緊急事態宣言

当館も広島に隣接する
岩国市にあり

広島からのお客さんは
パッタリと無し

ホントこの先どうなるのか
不安ではあるところですが

こんな時に湿気た顔して
仕事してても

イイことはありません

カープの調子が悪くても
広島からお客さんは全く
来なくても

やはり気持ちは明るく
持っているべきです

上った株はいつかは下がる
そんな風にも言います

株をコロナに置き換える
のは乱暴ですけど

歴史を見ても
ペストやコレラ

人類はいくつもの疫病を
乗り越えてきました

コロナの終息後には
閑古鳥が鳴いていた

観光地や飲食店には
人は溢れると予測します

理由はあるのか?と
言われれば

ダイエットと同じと
答えます

そのココロは
無理すれば反動(リバウンド)
があるのです

マスクにしろ
3密にしろ

今までと違った生活を
長く強いられている反動は

飲食・観光業に訪れると
感じてます

でも、そうは言っても未だ
先が見えない状況

そんな意味でも
精神的不健康状態を
改善
する為にも

当館ではできる範囲で
受入体制をとってます

その一つの答えが
一人一室

割増料金一切なしです

密を避ける意味もありますが

当館の防音構造は壁構造の為
プライベートはしっかり確保

静かな環境の中、部屋は
より静かな状態です

仮にコロナ終息後に
客足が増えても

当館は変わらず

静かな環境を提供
することは

これからも変わらぬ
お客様との約束です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です