アイディアの湧き出る場所

日頃、あまり書かないせいか
提案書に苦労してます

発散から終息へ

いわゆる
ブレインストーミング

アイディアは出ても
それを体系的にまとまる

やはり、やりつけてないと
悪戦苦闘するわけですが

環境が追い風にも
また逆風にもなるようです

1.静かな環境がやはりベスト

アイディアを出す段階では

雑談から生まれる場合も
多々あります

しかし雑談ばかりでは
話がまとまりません

まとめの段階
思考を要する場合は

静かで集中できる場所が
おススメです

2.歩く 動く 

歩くことで全身の血流が
促されます

人間の筋肉の2/3は
下半身

大きい足の筋肉を
つかうことで

頭への血流は促進され
良いアイディアが生まれる

その可能性は大いにあります

3.場所を変える 

以前にもお伝えした

場所ニューロン

記憶力のアップがいわれます

知らない場所に行ったりと
脳に刺激が入ることでも

脳は活性化します

4.脳内コンディション

例えば、睡眠不足
これでは頭の動きは鈍り

いいアイディアは
浮かびにくいです

くわえて頭の中の
デトックス

簡単に言えば「ぼ~」と
している

何も考えず頭の中を
一旦、空っぽにする

プロ野球選手で言えば
オフシーズン

やはり頭の中もオンとオフが
必要です

5.自然の中が一番

誰もが知るAmazon

その本社にはおもしろい
仕組みがあります


社名のごとく南米の
アマゾンをイメージ

何故このような場所を
あえてつくったのか

創業者のジェフベソス曰く

「いいアイディアは自然の
中で生まれる」

広々とした高層階から
街を見下ろすオフィッス

そこよりも自然の方が
アイディアが浮かぶ

自然の力はやはり
数値化できません

6.温泉地もおススメ

結局、ここに紐づけたようですが
手前みそでスミマセン

ですが、アイディアが生まれる
だけでなく

頭も癒されるのが自然

カラダをお湯で癒せば
これこそ

心とカラダのお休み処

良いアイディアを生むには
頭とカラダのコンディション


大切です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。