やる気が出ない時の対処法(その①)

気がつけば、もう5月も下旬
早いものです

深呼吸

このブログも書き続けてもうすぐ
丸2年をむかえます

何故書くのか?と言われれば4年間は書き続けてみようというのが一番の理由

次に考えれらるのが、何かを続けないと何も続けているものがない

このブログを書くという行為は、私の最低限の仕事

これをやらなくなったら、仕事をやめたと同じなわけです

もちろん、今現在は仕事をやってはおりませんが、ここ一週間、仕事がないせいか?どうか?

なかなかブログを書くということに腰が重いというか

ペンが進まないというか、思いあぐねています

生身の人間ですから、調子のいい時悪い時があります

しかし、今は時間があるせいか?どうしても書く行為が後回しになりがちです

朝から「書かなければいけない」「まずは書いてしまおう」と思っても、ついつい後回し

へんな気持ちの余裕か?書くネタや伝える内容が少ないのか?

思案しながらついつい違うことに手や気持ちが言ってしまいます

まさに朝、起きようか?どうしようか?と布団の中で考えているのと同じ心境です

こんな時に大切な方法が一つだけあります

人間の脳にある「やる気」スイッチを押すことです

って?どこにそんなスイッチがあるの?と思いますが、このスイッチは押せばそく動くのではなく

動いているとスイッチが入るというものです

脳内では側坐核(そくざかく)という場所になります

まずは、頭の中であれこれ考えるのを一度リセットし、次にほぼ無意識であれこれ考えず、損得なしに動き始めるのです

するとだんだんとやる気モードになっていきます

もちろん、ただ動くだけではガッツや根性で永続的ではないので、ベースとなるのは質のいい睡眠適度な運動、そしてバランスのいい食事の健康の3要素は必要です

振返ってみると私も今は家の中にいることが多いので運動不足気味です

体重は増えてないので、ついつい歩く機会や活動量が減ってもあまり気にしてませんでした

本日お伝えしたいことは

「やる気が出ない時はまず動きましょう」

もしここまで、ブログを読んで頂けたなら少し5分~10分動いてみると何かが変わるハズです

試してみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。