めっちゃ集中力のあがる環境

温泉地でのテレワーク

モニタープランで
いろんな声が集まってます

本日は頂いた様々な
声を含め

集中できて仕事の効率が
あがる環境とは

お伝えさせて頂きます

1.静かな環境 誘惑がないこと

当館に温泉はあるのですが
温泉街はありません

歓楽街なら飲めや歌えやの
楽しみもあるでしょうけど

当館の場合

日が落ちてしまえば
館内で静かに過ごすのみ


当たり前のことですけど

静かで誘惑がないことは
集中するため必須です

2.SNS・メールなど

仕事での連絡を取る場合
有効な手段でしょうけど

こと集中する場合となれば
話は変わります

日頃、時間つぶしで見る
フェイスブックやLINEなど

この着信音や
ポップアップ表示

これらに気持ちが
持っていかれます

集中する時は当たり前ですが
電源はオフです

3.適度な休憩と33分33秒

人が集中できる時間は
長くて90分

理想は約30分
細かくは33分33秒

つまり30分過ぎれば
一度休憩がベスト

このインターバルが
頭のリフレッシュになります

軽いストレッチや
深呼吸などもおススメです

4.最大の魅力は清流

川がきれいなのは
自他ともに認めるところ

しかしながらこの度の
ヒアリングでわかりました

それは清流の音

川の流れる音が一定リズムで
仕事の効率を上げる

街中の音は不規則で
ちょっとした音でも

「あれ?何なんだろう」
つい気になってしまいます

また静かすぎても
はかどりそうではかどらない

スポーツ選手がトレーニングに
音楽を流しながら行う

これと同じような効果
そう言っても良いでしょう

5.誰にとっても懐かしい音

きれいな川をみると
心も洗われる

そしてまた仕事の効率も
あがるということは

新しい発見です

DXや5Gという言葉が
あるように

今後ますます
デジタル化が進みます

我々の周囲環境が
デジタルでおおわれれば
おおわれるだけ

人は対極の自然を
求めるのかもしれません

川の流れる音は
人が生まれる前の胎内の音

羊水の音と同じという
話を聞いたことがあります

ということは誰にとっても
懐かしい

そんな音だからこそ
心地よく効率もあがるのです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。