とうとう発生・・・GoTo対象の千葉県宿泊施設でクラスター

同業者にしては「ついにか」と
残念な知らせです

最初にお断りしておくのは
発生した千葉県の宿泊施設

発生したことに対し
イイ悪いを言うつもりは全く
ありません

むしろわれわれもGoTo対象の
宿してわかるのが

登録するには、それなりの基準と
管理状況をみたしてないと
できないからです

なので
しっかりした管理体制のもと
クラスターが発生したのです

今回の発生は防ぎようが
なかったと判断します

そして
このような防ぎようのない状況は
何も新型コロナだけでなく

とかく観光産業は、天候や風評
今回の疫病など影響を受けやすい
産業です

そんな先が見えない状況の中で

我々、宿泊業者も豪華会席や温泉と
いう今までのスタイルを問い直し

何処でもあるサービスから
そこにしかないサービスへ

変化の時だと思います

こんな言葉があります

「業界の常識を疑え」
「業界の常識は、世間の非常識」

これらの言葉はあながち
あたっていると思います

今までの旅行スタイルを
再考することからです

その為には我々の提案は、
忙しい一泊旅行を卒業し

宿の外でも中でも楽しめる
2泊以上の滞在スタイル

さらに言えば

日本の宿泊施設数 約5万2千

このほとんどの施設が
過剰なサービスをおもてなしと呼びます

ならば、我々ぐらい、おもてなしを
しない宿があってもいいと思います

おもてなしの本来の意味とは何か?

お客さんをほったらしにするのでは
ありません

それはお客さんに着き過ぎず
離れすぎずの心地よい距離感

そして
お客さんの話をたっぷりと聞く
ことでの心のデトックス

嫌なことは吐き出しもらい
嬉しかったことは一緒に共感する

これが我々が考えるサービスです

『心とカラダのお休み処』こそが
そうづ峡温泉・錦パレスです


コメントは受け付けていません。