こんな時だからこそ 当たり前の「歩く」と「呼吸」を意識してみる

駅伝が終わっても
高校サッカー
大学ラグビーと
本日は決勝戦

やはり試合経過と
その結果が気になります

ここまで数々のドラマが
生まれたスポーツシーン
(サッカー、ラグビー)も
一区切りです

この先は別大マラソンまで
しばらく大きな大会は
ないようですけど

こんな時だからこそ
スポーツの感動が
元気とやる気を
与えてくれるのです

で、夕方のニュースを見れが
必ず毎日報道される
新型コロナ感染者数

スポーツでの感動を
上書きしてしまう
暗く不安をあおるニュース

見ないようにと心掛けても
どうしても入ってきてしまう
情報です

自粛が叫ばれ経済もそして
人の動きも鈍ってくると
我々の仕事だけでなく

様々なところに
不安の影が近づきます

そうは思わないように!
ということも裏を返せば
又、リスク


強く頭に焼き付いたり
思い出すことに繋がるので

簡単に不安を払しょくできる
そのことについて本日は
お伝えさせて頂きます

その一つ目が「歩く」事です

立ち止まる危険については
一昨日のブログでも
お伝えしました


動きを止めることは
リスクなので、その逆を
すればいいのです

たとえ目の前に不安が
あっても動くこと

人間の筋肉の2/3は
下半身に集中してます

ですので当たり前のような
歩くことでさえ

頭の血流を促進し
良いアイディアもうまれます

そしてもう一つ
当たり前のやってる事といえば

「呼吸」です

不安な時、焦っている時
怒りがこみ上げ
感情的になった時

必ずといっていい程
呼吸は早くなっています

よく口論の時など自分でも
何を言っているのか?

わからないぐらいの早口に
なった経験はありませんか?

私は何度もあります(苦笑)

対処方法は、こちらも簡単

「深呼吸」です

気持ちを落ち着かせ
冷静な判断に繋がります

誰もが無意識にやっている
「歩く事」

そして「呼吸」

一工夫加えてみるだけで
考え方やモノの見え方や
捉え方も変わっていきます

そうづ峡温泉周辺もこの冬
昨年とは違っての大雪に
見舞われました

とても外を歩く状況では
ありませんが

寒さも緩み雪もとければ
冬の肌をさす空気を感じて
歩いてみるのも
またお勧めです

軽く歩いた後の
冷えたカラダには

この時期の温泉は
ホント極楽気分です

自然に外を歩きたくなる
そして思いっきり
深呼吸したくなる

そんな環境に身を置けば
抱えてる不安や悩みなど
自然に解消となるハズです

密をさける
外出を控かえる

いろいろ報道されてますが
こんな時だからこそ

密を避けて静かな温泉地で
過ごすのもお勧めです



コメントは受け付けていません。