ぎっくり腰から学ぶ からだセンシングの勧め

ぎっくり腰から一週間
ようやく完治?しました

これは私自身の感覚で
専門の人に言わせれば

痛みは無くなっても怪我の
場所がしっかり再生するまで
改善したは言えないとのこと

損傷した筋肉や靭帯が
再生するには3~4週間の
期間が必要です

西東京市 うえだ整骨院
院長 上田康浩

なるほど
つまりまだ再発の恐れも
あるということ

気を許してはいけません

さらに
ぎっくり腰の本当の原因

①カラダの歪(ひずみ)
②疲労(肉体+心労)

わかる気がします

いくら気持ちがノリノリでも
人のカラダは嘘はつきません

私も7~8年前はよ~く
ぎっくり腰をやりました

それから
・ものを取る時は肩ひじついて
・運動不足解消⇒TV体操

注意していたつもりが

やはり災い(ケガ)は
忘れたころにやってくる

ホントその通りでした

慢心がどこかに
あったのでしょう

この度のケガは大きな
気づきを与えてくれました

結果だけを見て

「ツイてない
運がない」など

またよくある
「なんで自分だけ・・・」

そんなことより
何が原因でそうなったか?

再発防止が肝心です

これは
自身のカラダですけど

仕事にしろ
対人関係にしろ

原因あっての結果なのです

結果だけを見て
イイだの悪いだのでなく

次からどうすればいいのか?
ここが大事です

落ち込んだり、反省するより

即、改善です

あんな激痛はもうゴメンです

早めにカラダの異変を
知るためには

このブログでお伝えしてる

自分自身と向き合うこと
(内観)と同じように

自分のカラダがどうであるか

頭から肩、お腹
さらにつま先まで

いつもと同じか?
違和感はないか?

自分自身のカラダの状態とも
向き合うことです

身体のセンシングって
言いますが

私自身もこの部分は
見落としてました

自身の体調や
コンディショニングを知る

ウェラブル端末で
数値化することも大事ですが

それに併せて

自身の感覚
自分のカラダに聞いてみる


このことも併せて実施して
見てください

私も今日から
寝る前と朝起きたとき

さっそく実行です



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です