お菓子が好きで好きで、やめれない方へ(後編)

ながびく新型コロナ

その影響で外出の機会が
減り、家で巣ごもり

そうすると活動量は
減り間食も増え

摂取カロリー ⤴
消費カロリー ⤵

そして太る

さらに生活習慣病の
リスクが増える

わかっていても
やめられない間食…

ならば『断・お菓子』
ということで

体重を本来にもどし
カラダと頭の中を
ベストの状態にしましょう
でした

その為の手段が

①間食はお菓子からご飯へ
②16時間の空腹をつくる
③言葉の力を借りる でした

と、ここまでが昨日、
前編のまとめです

お菓子を断つことが
ほぼ理想の体重(体形)に
近づくことなのです

世の中にはホント様々な
ダイエットがあります

では、何故痩せる必要が
あるのでしょうか?



私はお菓子を断つだけで

2ヶ月前 75.5㌔
現在   70.8㌔

これは痩せようと
思ったのでなく

間食にお菓子や菓子パンを
やめようと思った結果です

もう少し言えば

「やめなければ」でなく
「やめよう!」なのです

③で言葉の力を借りる
(頭をだます)と言いました

言い方を変えるだけで
言葉は人の行動まで
影響を及ぼします

~しなければ
➩~しようです

さらに一日3食の幻想

ちなみに、下のトースター
この開発者は誰か?
ご存知ですか

答えは誰もがご存知
発明王トーマス・エジソン

彼のこのトースターの開発で
一日2食が3食に
なったのです

それまでは朝食は食べない
一日2食の食生活から

一日3食の食生活に
変更したのが
エジソンのトースター

つまりトースターを売る為に
一日3食にしたのです

朝食は英語で何と
言うでしょうか?

ブレーク・ファスト
breakfast

ブレック・ファーストでは
ありません

ファストはファスティングの
ファスト

断食を破る
breakfastです

必ずしも一日3食は
必要なし

むしろ使い過ぎている
内臓臓器を休ませてあげる

こちらの方が大切です

子供の頃から一日3食
きちんと摂りなさいと
言わて刷り込まれてます

スポーツシーンでも
「運動中は水を飲むな」で
わかるように

時代が変われば考え方
捉え方も変わります

ハッキリ言って現代人は
食べ過ぎ!

一日3食+間食(お菓子)

まずは段階的に間食からやめ
内臓臓器に固形物を入れない
工夫をしてみましょう

思いを形にするには
継続する事

くり返し反復することは
最強です

私はスポーツシーンで
そしてこの度、食習慣で

くり返し習慣化することで
プラスの変化を
得てきました

あとは、日々書いている
このブログ

こちらで繰返し反復の
成果を証明します



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です