お菓子が好きで好きで、やめれない人へ(前編)

長引く新型コロナ
密を回避、リモートワーク
そしてニューノーマルなど

関連し出てくる新しい言葉

そんな中『巣ごもり』という
言葉を聞いたことはあるのでは
ないでしょうか



人込みを避け外出を控え
家にこもる状況です

当然、家に居れば
活動量もへり

加えて、何かにつけ
間食が増える…

そうすると、こちらも
関連新語の「コロナ太り」

このような結果となります

もちろん活動に必要な量だけ
食事を摂ればいいのですが

頭はそこまでキチンと量を
管理できません

気が付けばチョコレート
気が付けばスナック菓子

最後の一つと思いながら
シュークリームも…


私もそうですが
わかっていてもできないのが
人間です

さて
間食と言ってもきちんとした
食事をとればいいだけなのです

しかしながら手軽なお菓子に
ついつい手が伸びて
しまいます

これについてお菓子を始め
甘いものを断つには

いろんな人そして様々な本が
その方法を紹介してます

ネットで調べても
様々な方法がありますが

あえてここは健康運動指導士
私、吉本のお菓子を断つ方法
をおつたえします

まず私の体重の推移です

2ヶ月前 75.5㌔
現在   70.8㌔ 

早速結論から
申し上げます

それは

○食習慣の改善
○考え方の改善 です

さらにその為の手段として

①お菓子からご飯へ 🍙
②16時間の空腹をつくる
③言葉で脳をダマす です

どこかのトレーナーのように
「糖質制限」などは使いません

ではどのように???



具体的なこともサクッと
お伝えします

まず①は間食をお菓子から
ご飯へかえただけです

私の仕事は昼食や夕食を
定時に摂ることが
難しです

なので、小腹を満たすために
手軽な菓子パンやスナックを

これをご飯(おにぎり)に
変えただけです

そして②
16時間の空腹時間は
夕方の4時に食事をしたら
翌日の8時まで食事をしない

つまり睡眠時間を入れて
16時間は固形物を
カラダに入れません
(間欠ファスティング)

16時間は摂取カロリーを
減らすのが目的では
ありません

内臓臓器を休ませるのが
目的です

そのことを含めて
最後の③

私の場合
お昼14時に食事をしたら
次の食事は朝食で6時

夕方4時(16時)頃に
食事を摂ったら翌日8時

場合により朝食を
抜く事も多々

さらに一日2食の場合は
しっかり量を摂ります

このことで自分の頭に
「充分食べた」ことを
意識させます

一番避けたいのは

「食べてはいけない」
「お菓子はいけない」

つまりいけないと思う事です

このことは睡眠と同様

「早く寝なくちゃ」と思うと
逆に意識して寝れない‥

このパターンと似てます

私のやり方が万人に合うかは
別としても

全くお菓子が欲しくない
体質にかわり

さらに体重も減る

まさに一石二鳥

いや、考え方もプラスと
なるし頭の中もクリアに
なるので

一石三鳥?

もう少し、お伝えしたいことも
ありますが

本日は長くなってきたので
また明日に後編

続きを
お伝えさせて頂きます









コメントは受け付けていません。